レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

2016/06/19に開催された五島長崎国際トライアスロン大会、

通称バラモンキングに参加してきました。

総距離226.2km(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)というロングレース、

去年に引き続き2回目の出場です。

2016年の五島の旅について回想記を書きます。

—–

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

—–

<登場人物紹介>

元帥:トライアスロンチーム ポセイ丼の主宰で絶対君主。

黒い・太い・硬いの三拍子そろった税理士。

仙人:ポセイ丼最速の漢。ウルトラレース8ヶ月連続出走などやることが解脱系。

青い魚が好き。

羅王:ポセイ丼のCFO(Ceif Food Officer)。美味しい食材を嗅ぎつける嗅覚が超弩級。

えぇ。。さん:とにかくスリム。返事は常に「えぇ。。」な中小企業診断士。

ザック:ポセイ丼でラン最速。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。舐めた表情を作るのがうまい。

熊:厳密には別チーム。肉厚。

AM3:00 起床

トライアスリートの朝は早い。

AM3:00に起床、寝覚めの熱々シャワーを浴びる。

耐えれる限界の熱さのシャワーだ。

これがウォーミングアップの代わりになる。

シャワーの後、レースウェアに着替え、

朝食にホテルが準備してくれた弁当を頂く。

米を中心に食べ、野菜などの繊維質は申し訳ないが残す。

レース中にお腹が張る原因となるからだ。

時刻は3:45。

ザックは起きない。

ときおり「ぁぁぁぁ~~」と苦しそうな声をあげては、

掛け布団を抱えながら綺麗にゴロゴロ転がってローリングしていた。

IMG_03211

奇しくも畳の上(の布団の上の)水練状態になってしまっている。

ともかく、顔は真っ赤で「私、熱があります」と顔色が口ほどに物語っている。

後からザックの体調不良の原因が胃腸炎であることが分かる。

夕食の後の焼き肉、たくさんの海鮮料理、大盛りの穴子丼など

重量級選手のオンパレードに胃腸が弱っていたのだろう。  あと完走パン。

IMG_0197

前日の昼間ではこんなに元気だったのに。。。

時刻は4:00。レースに向けての準備をすすめなければならない。

顔や腕、足にワセリンを薄く伸ばした後、日焼け止めを満遍なく塗る。

昨年はスイムからバイクへのトランジションでアームカバーをつけたり、

ワセリンを塗ったり、日焼け止めを塗ったりで10分以上ロスしてしまった。

今年はその時間も短縮だ。 予め準備できることはすべてレース前に行っておく。

日焼け止めの塗り直しもしない。

一般に、ロングレースはトランジションゆっくりできると言われることが多いが(あくまで、ショートのレースに比べて、ね)

実際はその数分がレース後半で命取りになりかねない。

トランジションで3分長く準備するより、ランで3分歩く余裕を持ったほうが精神的に楽なのだ。

宿を出る前に、股間(恥骨あたり)にワセリンをたっぷり塗っておく。

約7時間自転車に乗りっぱなしになるので、股間が痛くなる。

その痛みを多少なりとも和らげるための策だ。

時刻は4:20。部屋を出る。

携帯で天気予報をチェック。雨70%。

13621327_1753686401567861_27104138_o

しかも大雨・雷・洪水注意報がでとりますがな。アワワ。。。

13647126_1753686364901198_648418419_o

今更天気にビビってもしょうがないので、気を取り直してホテルのロビーで集合写真撮影。

IMG_0215

このときはザックも体調不良を押して見送りに着てくれた。

かなり辛そうだ。

ただ、中途半端に体調が悪くレースに出ようか迷うよりも、

スタート前に完全に無理だと判断ができてよかったかもしれない。

体調不良での海でのスイムは文字通り命取り。

2015年はトライアスロンで6件の死亡事故が発生しており、

その8割がスイム中の事故だ。残り2割はラン中の事故。

(JTUの資料参照: http://www.jtu.or.jp/news/2016/pdf/jtuforum_medical_20160206)。

仕事でも趣味でも投資でもなんでもそうだが

「勝つこと」よりも大切なことは「負けないこと(致命傷を負わないこと)」だ。

しぶとく生きていればいくらでもチャンスは巡ってくる。

AM4:40 出発

ザックと握手をかわし、ホテルを後にする6人。

13588910_1753686348234533_436089723_o

周囲はまだ真っ暗。色黒の元帥を見失いつつも、スタート会場(富江港)行きのバスに乗り込む。

13633253_1753686344901200_334016663_o

20分程度で富江港に到着。

ザックが去年ここでスイムバッグの中身をぶちまけていたのを思い出す。

そしてナンバーシールを貼るのに失敗した羅王が油性ペンで

手書きナンバリングを受けていたのも思い出す。

13621656_1753686294901205_231395901_o

スタートゲート前で早速集合写真。 ギニュー特戦隊のあのポーズだ。

IMG_0322

一年ぶりに帰ってきたぞ!

前回のレースの記憶が鮮明に蘇ってくる。

記憶をたよりにすぐさま穴場のトイレに駆け込む。よし、今年も空いている!

他のトイレには既に長蛇の行列が。

このように、トイレひとつとっても戦いは既に始まっているのだ。

トイレを華麗にフィニッシュした後、バイクラックに向かう。

バイクカバーは強風によりめくれとった。

13633360_1753686464901188_622981151_o

ハンドルはびしょびしょだったが、チェーンとギアが濡れてなくてまだ良かったかな、と思いつつ

  1. バイクカバーを外し
  2. タイヤに空気を入れ
  3. ドリンクボトルをセット
  4. 補給食バッグを取り付ける
  5. サイクルコンピュータの積算距離をリセット
  6. 軽いギアにセット

と、たんたんと準備をすすめる。

昨年のバラモンキングではトライアスロン自体が2戦目ということもあり

アタフタして準備が進まなかったが、あれから経験を重ね、

7戦目となる今回はスムーズに準備が終えることができた。

準備を終えた後、スポーツジム仲間のSさんのバイク箇所に行って会話と握手をかわす。

13633248_1753686474901187_792937562_o

その後、受付でアンクルバンドをもらい装着。右手の黄色い台の上に並べてあるのがアンクルバンド。

13621517_1753690591567442_1909182527_o

つぎに、バイクバッグを所定位置にセット。自分の番号と違うフックにかけちゃう選手が多いので、間違えないよう注意が必要だ。

13588995_1753690611567440_129019677_o

スイムバッグだけを持ってスタートまで時間をつぶす。 左足首に巻いたアンクルバンドをアピールしつつストレッチするえぇ。。さん。

13647019_1753690854900749_1117707039_o

このあと、ウェットスーツを着てスイムのウォームアップに備える。しばらく待機。

AM6:30 スイムウォームアップ開始

6:30になり、スイムのウォームアップ開始。

バラモンキングでは6:30-6:50の20分もウォームアップできる。

一度、全力でバタ足を打って心拍数をあげておく。 ゼェゼェハァハァなるくらい、多分170後半くらいまで上がってる。

一度心拍をあげておけば、スイムスタート後に上がっても

精神的に落ち着いていられるのだ。

ウォームアップを終え、一度海から上がり

ポセイ丼のメンバで円陣を組む。

発声は熊だ。

熊 :「ポセェィドォォ~~ン!」

一同:「…ぉ、ぉ、オゥ!!」

締まりが悪すぎる。

やり直し、ということで円陣を組み直そうとしたら羅王が「最後にトイレ行ってきます!」と仮設トイレの行列に並ぶ。

みんなで「えぇ、このタイミングでイクノ!?」と言いつつ、でも円陣は組みたいので仕方なく

仮設トイレ行列に並ぶ羅王の元へ全員集合。

仮設トイレの前で円陣を組む。

トイレ行列の選手みんなが失笑しながらコチラを見てくる。かなり恥ずかしい。

そして発声はまたしても熊だ。

羅王から「もっとさー、ザックのために、とか言うことあるでしょ」との指摘を受け、熊が叫ぶ。

熊:「ザックの分までぇぇぇぇ~~~」

一同:「…ぉ、ぉ、オゥ!!」

以下同文である。

熊はその後「(締りが悪いのは)俺のせいかー!!?」と叫んでいたが、

私はこっそり「、、、あんたのせいだよ」とつぶやいた。

なんというか、「ザックの分まで【完走すっぞー!!!】」などのように文章は最後まで言い切ってほしい。

そんなこんなでショートコントを終え、時刻は6:55。

ついにレースが始まるんじゃ。

=====

編集後記

書いているうちにいろいろと細かいこと思い出してきて一人でニヤニヤしています。

このシリーズは自分の記憶を時系列に垂れ流す感じで書いているので

どうでもいいところがやたら細かったり、

ポセイ丼を知らない人にはちんぷんかんぷんな内容だと思います。

まだレース始まってないし^^;

人にわかってもらいたいというよりは、 一年後に自分で読んで「フフフ…」と思えれば良いなぁ、という感じですね。

ってことで、面白いものをお求めの方は羅王のブログをどうぞ笑

http://road-to-raoh.com/20160624/

ザックとおじいちゃんのくだりで盛大に吹きましたわwww

一日一新

アイの物語読了。

人工知能の発展した未来を描いた話。

つまらなくは無いけど読み続けるのが辛い、という感じでした。。

同時に読み進めているジョーカーゲームはめっちゃおもろいのですが。

—–

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

—–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加