熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

2016/06/19に開催された五島長崎国際トライアスロン大会、

通称バラモンキングに参加してきました。

 

総距離226.2km(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)というロングレース、

去年に引き続き2回目の出場です。

 

2016年の五島の旅について回想記を書きます。

今回はレース前々日の話。

 

 

—–

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

—–

<登場人物紹介>

元帥:トライアスロンチーム ポセイ丼の主宰で絶対君主。

黒い・太い・硬いの三拍子そろった税理士。

 

仙人:ポセイ丼最速の漢。ウルトラレース8ヶ月連続出走などやることが解脱系。

青い魚が好き。

 

羅王:ポセイ丼のCFO(Ceif Food Officer)。美味しい食材を嗅ぎつける嗅覚が超弩級。

 

えぇ。。さん:とにかくスリム。返事は常に「えぇ。。」な中小企業診断士。

 

ザック:ポセイ丼でラン最速。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。舐めた表情を作るのがうまい。

 

熊:厳密には別チーム。肉厚。

 

ANAの自動手荷物預託マシーンに翻弄される

トライアスロンチーム「ポセイ丼」の面子はみんな関東圏に生息している。

そのため、決戦の地への道中、みんな仲良くまとまった席での移動だ(熊を除く)。

 

この日、集合の約束は羽田空港に10:30。

 

予定よりも早めに羽田についた私は事前に手荷物を預けておくことにする。

 

登山用の巨大リュック(容量55Lくらい)に、

・バイクシューズ

・ランニングシューズ

・着替え

・・・

などいろいろと詰めているので荷物パンパンなのだ。とても機内に持ち込める状態ではない。

 

いざ手荷物カウンターに並ぼうとすると

目の前には謎のカプセル型マシンが規則ただしく並んでいる。

 

13570039_1750623201874181_1624676807_o

 

 

どうやら、手荷物をセルフで預けるためのマシンであるようだ。

 

新しいモノ好きの私は早速手荷物預託にトライする。

 

が、なかなか上手く行かない。

 

「タグが読み取れない」だの「手荷物の重量が途中で変わった」だの、マシンに怒られ続ける。

こんなに何回も怒られたのは久しぶりだ。

 

4回目のチャレンジに失敗。埒が明かないため有人カウンターに向かって3分で預託終了。

 

 

結局人の方が速いですがな。

 

 

他の人を見ていると、柔らかいリュックタイプは相性が悪そうである。

スーツケースや、四角っぽくてかっちりしている荷物は割りとスムーズに受け付けられていた。

 

 

 

えぇ。。さんと合流

 

荷物を預け終わってもまだ10時前。集合予定時刻にはまだ時間がある。

 

既に、ポセイ丼のメンバー「えぇ。。さん」から

「羽田つきました~」と連絡があったため、合流することにする。

 

「どこにいるんですか?」と場所を尋ねると

えぇ。。さんなのにBのセクションにいるとのこと。

 

 

ここで説明しておくと、

えぇ。。さん、という一風変わったニックネームは彼が一時期、全ての会話に対して

 

「えぇ。。」

 

と返答していたことによる。

 

 

  • 食堂でB定食ですか?と聞かれても「えぇ。。」。
  • 待ち合わせで、Bセクションにいるんですか?と確認しても「えぇ。。」
  • レース中にすれ違うときは「うえぇぃ!!」

 

などなど、様々な紛らわしいユースケースがあるため、我々は「A」と「えぇ。。」とを正確に聞き分ける努力を強いられる。

 

自動手荷物預けマシーンと格闘するえぇ。。さん↓

13575449_1750623191874182_287092564_o

 

「なんならスリムさを活かして私自身預けられちゃいますけどね!」と無理やりマシンに収まろうとするえぇ。。さん。↓

13569991_1750623195207515_2056975167_o

 

 

きっとコレ↓に載っていた時代を思い出したんだと思う。あな、ノスタルジーや。

fff

 

元帥と合流

えぇ。。さんと合流した刹那、元帥から

「時刻一○:○○ニCニ集合セシ」

と令が下る。

 

 

えぇ。。さんと私はCに移動し、元帥を探すもなかなか見つけられない。

「黒いから柱の影と同化して見えないだけじゃないですかね?」

などと会話をかわしつつも、無事に元帥と合流。

 

既に羅王、熊、ザックがそろっていた。

 

熊は熊なのにパンダのTシャツを着ている。

13579734_1750626445207190_2054690871_o

 

Bセクションにいるえぇ。。さんといい、

パンダのシャツを着ている熊といい、非常にコンフューザブルだ。

 

 

チーム全員集合。そして五島へ

 

13575646_1750623161874185_343689181_o

羅王と熊が互いの肉体美を賛称しあっている頃、

そのムキムキ臭を嗅ぎつけたの如く仙人がやってくる。

 

仙人は、みんなのためにバイクカバーを

買ってきてくれており、そのために到着が遅くなったとのこと。

 

それに対して私はちゃっかり事前に自分の分だけ

バイクカバーやら雨合羽やらを購入済み。我ながら自己中である。

 

これからは仙人の気配りを見習います。

 

 

バイクカバーは、レース前日にバイクを預けるさいにつけておく。

 

預けたバイクはスタート会場に輸送され、バイクラックにかけられるのだが、

もし雨が振ったらチェーンやら各パーツが濡れてオイルも流れ落ちてしまう。

 

 

パフォーマンス低下と錆を防ぐためにもバイクカバーはかけておこう。

風が強いので紐で縛るなどしてカバーが飛ばないようにするのも忘れずに。

 

 

ちなみに熊はすぐ油断する。

撮影後もしっかりポージングを決め続ける羅王に対し、

すぐにゆるふわになる熊。

13549233_1750623175207517_2027465861_o

 

 

すかさず、羅王からツッコミがはいる。なんでキープせぇへんねんと。

13548877_1750623198540848_462996823_o

 

そして五島へ

13570155_1750623171874184_159224798_o

搭乗手続きを行い、各々飛行機に乗り込む。

 

 

福岡空港で五島行きの飛行機に乗りつぐ予定だ。

機内での席の配置は、熊だけが離れており、他の6人はまとまっていた。

 

この理由を説明するためには、まず熊について言及しなければならない。

 

現在、熊は厳密にはポセイ丼とは別チームであり、単独で「チーム熊」を率いている。

 

元々はポセイ丼のメンバーだったのだが粗相をおこし、

レースデビュー前にポセイ丼を卒業したのだ。

 

 

卒業後も彼はポセイ丼のレプリカジャージを着用しつづけているが、厳密には別チームであるため

このブログを読んでいらっしゃる方がいれば、誤解なきようお願いしたい。

 

 

無事に福岡空港に到着。すぐさま五島行きの便に乗り継ぐ。

五島行きの飛行機はプロペラ機だ。

13570158_1750623178540850_1521657409_o

 

 

=====

編集後記

 

レース後なぜかやたらとビールを飲みたい気持ちになってしまい

毎日飲んでいました。

 

肝臓のことを考えてそろそろ止めます。

どうも、炭酸を欲しているようです。

 

一日一新

はじめて会う人と打ち合わせ

—–

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

—–

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン