Kindle本にはハイライト・文字列検索できない商品があるので注意。

Kindle本にはハイライト・文字列検索できない商品があるので注意。

ちょっと前に、Kindleで実用書読むのは辛い、と書いたのですが

最近はわりかしなんでもKindleで読むようになりました。

 

Kindleは小説メイン。実用書は頭に定着しないっぽい?

 

 

Kindleで何でも読むようになった理由、

それはKindleでの読書になれたこともあるのですが、ハイライトの便利さに気づいたからです。

 

ただ、商品によってはハイライトできないので要注意!って話。

 

 

ハイライト機能が便利

 

紙の本の方がなんとなく記憶に残るような気はしますが

Kindleにはハイライト機能があります。

 

Kindle端末で気になる文章をドラッグすると、その文章をハイライト(網掛け)することができ、

その内容はパソコンなどから専用WEBサイトでまとめて見返すことができるのです。

 

具体的には、https://kindle.amazon.co.jp/にAmazonアカウントでサインインして、

画面上部にある”You’re highlights”をクリック。

 

kin

 

 

 

ハイライトできない商品の見分け方

漫画でハイライトできないのは納得できるとして、

文章メインの本でハイライトできないのは苦痛です。

 

そんな商品の見分け方は、商品ページの下の方に

”この商品は固定レイアウトで作成されており・・・”

という文章が書いてあるかどうか。

 

例えば、「やる気」のある自分に出会える本、を検索してみると、

下画像の赤枠で囲んであるとおり、ハイライトや検索などができないと書いてあります。

 

せっかく読もうと思っても、これだけでやる気が少しダウンしちゃいますよね。

WS000001

 

 

と、いうことで。

 

Kindle本を買う前に、一瞬だけ”固定レイアウトではないか?”という確認をする癖をつけるようにしましょう。

 

 

 

=====

編集後記

 

 

ストレッチポールを買ったので乗っかってコロコロしていたらそのまま寝てしまいました。

寒いです。

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン