トライアスロンやる人はブログ書いてると後で便利だよ

トライアスロンやる人はブログ書いてると後で便利だよ

6/19(日)に開催されるバラモンキング2016に向けて

準備をすすめています。

 

準備しながら、トライアスロンやる人はブログやると良いよ!と思った話。

とりあえず記録残しておけばだれよりも自分が助かりますよ。

 

トランジションとトランジションバッグについて

トライアスロンでは

・スイム

・バイク

・ラン

と3種目をこなします。

 

この3種目間の切り替わり、つまりスイム→バイクもしくはバイク→ランのことを

「トランジション」といいます。

 

例えば、スイム→バイクのトランジションでは

  • ウェットスーツを脱いで
  • 濡れた足を拭いてから靴下を履いて(時間かかるので短いレースの時は裸足のままが多い)
  • バイクシューズを履いて
  • イク用グローブつけて(短いレースではツケないことも)
  • ヘルメットをかぶって
  • ゼッケンベルトをつけて

と慌ただしく動きます。

 

 

そして、ヘルメットやサングラスなどの道具は

「トランジションバッグ」に入れて持ち運ぶのです。

ただの大きなビニール袋ですが。

 

IMG_5406

※レースによっては上写真のように

バイクラックの足元に必要な道具を広げて置いておくこともできますが

バラモンキングではそれはNG。

全ての道具をトランジションバッグに入れておき、

着替えは更衣テントの中で行う必要があります。

 

 

バラモンキングでは

・PRE-SWIMバッグ

・BIKEバッグ

・RUNバッグ

の3種類のバッグが渡されます。

 

 

それぞれのバッグに必要なものを忘れずにいれないといけないのですが、

レース前日の準備では、感情が高ぶっていることも有り、

なにを入れて良いのか迷うのです。

 

 

そして、入れ終わったあとに「本当に忘れ物ないよね?」と不安になります。

 

そんなときに役立つのがブログ。

 

去年の投稿で、自分がなにを入れたのかをまとめていました。

 

バラモンキング2015 の記憶その3 トランジションバッグについて

 

これを見て「よしよし過不足無いぞ」と安心することができます。

 

・自分がなにをいれたか

・レース本番で何が足りなかったか

・逆に入れたけど使わなかったものは何か

(本番のトランジションで不要なものがたくさんでてくると混乱するので注意。それだけで時間ロス)

をまとめておきましょう。

 

ブログに書いておけば、旅先でも携帯さえあればチェックできます。

 

Evernoteなどでも良いですが、せっかくならみんなに見えるようにして

情報提供しちゃいましょう。

 

同じ悩みを持っている人がいるはずです。

今回のレースでなにを入れたのかは次の投稿でまとめます。

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン