ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

2016/06/19に開催された五島長崎国際トライアスロン大会、

通称バラモンキングに参加してきました。

総距離226.2km(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)というロングレース、

去年に引き続き2回目の出場です。

2016年の五島の旅について回想記を書きます。

ランも中盤っす。

-----

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

-----

<登場人物紹介>

元帥:トライアスロンチーム ポセイ丼の主宰で絶対君主。

黒い・太い・硬いの三拍子そろった税理士。

仙人:ポセイ丼最速の漢。ウルトラレース8ヶ月連続出走などやることが解脱系。

青い魚が好き。

羅王:ポセイ丼のCFO(Ceif Food Officer)。美味しい食材を嗅ぎつける嗅覚が超弩級。

えぇ。。さん:とにかくスリム。返事は常に「えぇ。。」な中小企業診断士。

ザック:ポセイ丼でラン最速。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。舐めた表情を作るのがうまい。

熊:厳密には別チーム。肉厚。

スポンサーリンク
rectanglBIG

上り坂は「全部」歩く作戦

今回のランでは「上り坂は全部歩いてやる!」という気持ちで臨んだ。

今までは「絶対に歩いてはならない」という精神で、

歩くのと変わらないくらいのスピードでも良いから走り続けることを目指していたが、

先日、野辺山100kmウルトラマラソンを走ったときに気づいたのだ。

「上り坂は早歩きでもなんとかなる」と。

実際、上り坂は走っていてもペースが落ちるので、

早歩きのスピードとそれほど大きく変わらない。

また、歩きを入れることで走る筋肉を休めることができる。

いわゆる「ウォークブレーク」というやつだ。

もう一つ、一番重要だと思うのが、精神的に楽になる、ということ。

「上り坂は歩いても良い」と思うと非常に気が楽で、

周りの声援にも余裕を持ってこたえることができる。

以上より、上り坂はほとんど歩いた。

たまに上り坂に入っても走り続けることがちらほらあったが

「あ、上りなのに走ってたらだめじゃん!あるかないと!」

な感じで積極的に休みをとるようにした。

給水所でもカンコロ餅と水を持ち、しっかり歩きながら休んだ。

後から考えればもっと自分を追い込めばよかったと思わないこともないが、

野辺山ウルトラで燃え尽きた感があったので

バラモンキングは「とにかく楽しむ」ことだけ考えた。

これはこれで正解だったと感じる。

21キロで折り返し。声を掛けられる

ここでポセイ丼の位置関係を確認しておこう。

すれ違った感じからの大体の位置関係を示した図が以下のものだ。

21km_iti

仙人、私が2周回目に突入。つづいて熊、えぇ。。さん、羅王、元帥、そして天空界からザックという順番。

42.2キロのランコースは、21キロを2周回なので

一度、スタート&ゴール地点である福江港に戻ってくることになる。

折り返し地点で「ラスト一周」を示す蛍光リストバンドをつけてもらい、

給水所で頭から水をバシャバシャかけてもらう。コーラもグビグビ飲む。

とにかく暑かった。

パタリと足がとまり、しばらく走れない区間が続く。トボトボ歩く。

すると後ろから「あ、ポセイ丼や~!まいど~」と声をかけられる。

この関西弁のお兄さん、ポセイ丼の誰かが書いたブログを読んでくれていたらしく、

「昨日も焼肉いったんですか~?肉食ったんなら走れるはずですよ~笑」

と言われる。

こういった声掛けがありがたい。ブログを書いていて良かったと思う瞬間だ。

そして彼の隣でめちゃ可愛い女子が応援で並走してくれている。

うらやましいを通り越して恨めしい。

(後から、羅王の写真に写り込んでいたのを知る。)

この二人、すごい勢いで走り去って行き、あっという間に見えなくなってしまった。

小さくなる二人の背中を眺めつつ、まったく走る気にならないので2キロほど歩く。

長い下り坂に入るあたりでようやく

「このままだと熊においつかれちゃうな」

と思い走りだす。

他の誰に抜かれても良いけど、熊にだけは抜かれたくなかった。

チーム熊に入るのだけは、嫌だったんだ。。

再びすれ違いラッシュ

ランコースは2周回、しかも対面通行なのでチームメンバとたくさんすれ違うことができる。

しばらく走っていると熊が見えてくる。

「熊は遠くにいても大きなぁ。。」と思いながら近づき、ハイタッチ。

「ナイスラーン!最後まで!」と声をかけあう。

しばらくして長い下り坂。視線の先にはポセイ丼ウェアが。

細いシルエット、、、えぇ。。さんだ!

私にとって下り坂なので、対向車線を走るえぇ。。さんには長い上り坂ということになる。

それまで歩いていたが、向こうも私に気づいてくれたのか、走り始める。

ちょうど二人の間を車が走っていたので接近できなかったが、

うまくやり過ごして「うえぇーい」と声を掛け合う。

続いて羅王だ。

先のすれ違いで渡した薬物が効いてきたらしく

「さっきのでだいぶ復活したよ!」と言いながら力強く走っている。

そして元帥。

すれ違うときに近づいて声をかけたのだが、どうも様子がおかしい。

このとき日が落ち始めており周囲が薄暗かったのと、

元帥がもともと色黒だということではっきりとは見えなかったが、

表情に元気がないように思える。

でも、レースですれ違うときの元帥はいつもけっこう素っ気ないので

嫌われているだけかもしれない(;ω;)ブワッ

今回もそうであってほしいと思いつつ(それはそれで悲しいが)走り続ける。

淡々と33km地点

この辺りから記憶が曖昧。

エイドでかんころ餅やオレンジを頬張って歩き、食べ終わったら淡々と走る。

周囲を見ると、歩く選手が増えてくる。

去年の自分を思い出す。走りたくっても走れなかった。

日が落ちるにつれて気分が多少落ちてくるも関係しているかもしれない。

また、暑さのためか、疲労のためか路肩にしゃがみこんでリバース(嘔吐)する人もちらほら。

そんな状態でも、すぐさま立ち上がって歩き始めるからすごい。

もうすぐ折り返しというところで

スポーツジム仲間のS藤さんとすれ違う。

「S藤さーん!!」と叫んで近づきハイタッチ。

直後に仙人。

仙:「最後まで!!」

私:「ゴールで(会いましょう)!!」

とハイタッチ。

S藤さんにしても、仙人にしても、

終盤でしっかり走れるひとはかっこいい。

淡々と走り続けて、33km地点で折り返し。

エイドの人に「今日も楽しかったです!ありがとうございました!お世話になりました!!」と言って、トイレに駆け込む。

コースに戻り、また淡々と走り始める。

辛いといえば辛いが「野辺山に比べたら断然マシだなぁ」という感じ。精神的な余裕が段違いだ。

ふたたびオカンさんにあったので、「オカンさん、もうちょいです!頑張りましょ~!」と声をかける。

「はい~!^^」とかえってくる。表情見ていても、さっきより元気になったようだ^^。

さて、個人的に、ラスト10kmはお礼を言ってまわるためのものだと考えている。

  • 大会運営の方
  • エイドのスタッフの方、ボランティアの方
  • 道端で長時間応援してくれた地元の方々
  • 一緒に走っている選手
  • 交通規制・誘導してくれる警察官
  • 長崎・五島という地。海、山などの自然。お天道様(この日は予報に違い、奇跡的に雨が降らなかった)
  • 練習で指導してくれたコーチ
  • ジム仲間(K原さん、S水さん、いつもありがとうございます)
  • 送り出してくれた家族

そして、ポセイ丼のみんな。

「今、なぜ、自分がここにいるのか。

ここにいることができるのか。」

を考えると、たくさんの感謝が溢れてくる。

声援をくれる人一人一人に

「お世話になりました!」

「ありがとうございました!」

「また来年!」

と返す。

もう日は落ちて、あたりは真っ暗。

そんななかでも、逆車線から迫ってくるポセイ丼ウェアの愛くるしいデザインは勝手に目に入ってくる。

熊だ。

序盤ほどの勢いは感じられないが(お互いさま)、

すれ違う瞬間に素敵な笑顔を振りまいてくれる。

続いて、えぇ。。さん。

なんか、先ほどすれ違った時よりペースアップしているように感じる。

スリムだけど力強い。このスリムな肉体のどこにそんなエネルギーを蓄えていたというのか。

しばらくして羅王。

もはや半分泣きながら走っている感じ。

「絶対完走するから!背中おもいっきり叩いて!」

と言われたので、懇親の力で平手打ち!気合をいれる。

再度「絶対ゴールするから!」と言って走りだす羅王に

「ザックの分まで!」と声をかけ、私も走りだす。

胃腸炎のためDNS(Did Not Start)となったザック、

体調はマシになったかな?ゴールで待っててくれてるかな?と思いつつのラン。

39km地点。残り3km。

目の前に見覚えのある背中が。

21km折り返しで声をかけてくれた関西弁のお兄さんだ。

すこし足を引きずりつつ、上り坂でも走り続けている。

徐々に差は詰まっていき、追いつく。

---

みよし(以下、み):「まいど~~!」

関西弁のお兄さん(以下、関):「おぉっ!はやいやないっすか~」

み:「さっき焼き肉食べたなら走れるでしょ-、って言われたんで走りましたわ(笑)

折り返しでは声かけてもらってあざっす、ポセイ丼の誰かと知り合いなんすか??」

関:「いや、ブログで読んでて知ったんですよ~。

今までショートしか出たことなくって、ロングの情報収集してたらヒットしました。

お名前は?」

み:「みよしです」

関:「あぁ、みよっしーね!

今回13時間切り目指してたんすけど、残り13分で3キロは無理ですよね~」

み:「ちょっと厳しいっすね~~。でも初ロングでこのペースなら十分でしょ笑

ちなみに普段はどのへんのレース出てらっしゃるんですか?」

関:「地元が和歌山なんで、南紀(白浜)とかですね~

南紀は海がほんまきれいなんですよ~」

み:「噂に聞いたこと有ります!南紀は超絶キレイだって!出てみたいと思ってたんですよ~

やっぱ綺麗なのか~~」

・・・

---

という感じで、2キロくらい談笑しながら走っていく。

この日はじめてあったのに、ブログがキッカケで声をかけてもらい、

色々と話することができた。

こういう出会いもトライアスロンの楽しみである。

さて、残り2km。

歩きながら背中のポケットに入れていた携帯(ジップロックで防水してる)を取り出し、家族に電話。

「もしもしー?あ、もうすぐゴールやから、ネット中継見とって~。あと15分弱かな。

希望のゴールポーズある?思いっきしジャンプしよっかな。」

という感じ。

今回五島に送り出してくれた家族が、家でライブ中継(インターネット配信)を見てくれていたのだ。

ゴールシーンを見逃さないようにと思っての電話。

ちゃんと私、五島でレース出てますよ。変なところに行ってませんよ。とアピールも兼ねている。

電話を切って、ジップロックに入れて、背中ポケットにしまい、再び走りだす。

残り1km!

沿道のみんなが

「お疲れさま~」

「おかえりなさーい」

と拍手してくれる。

ちびっ子も

「ギバレー!」(五島弁で、がんばれの意)

と応援してくれる。もう20時過ぎて真っ暗なのに。ありがたい。

小さな橋を渡り左折。ここから福江港まで、最後の直線だ。

足は十分に残っている。無理のないペースで走る。

まもなく、ゴール会場のライト見えてくる。MCの声も聞こえてくる。

もうすぐ福江港だ!というところで

「みよっしーーー!!」

との声が。

ザックだ!!!

ザックは去年もここで応援してくれ、ブレブレの写真をとってくれた。

その写真がコチラ↓。

IMG_2930

去年は本当にヘトヘトで、大してスピードも出ていないのに、

ブレのおかげでやけに躍動感にあふれておる。

が、そんなザック今年も同じ場所で出迎えてくれる。

朝は「I’m fevered! 発熱してます!」という感じの真っ赤な顔だったが、

だいぶ回復しているようだ(病院で点滴をうって、駆けつけてくれたとのこと)。

ザックに「ありがとー!」と言いながらゴールに走る。

ザックは最近「連写」というアビリティを身につけたらしく、

写真のブレ度が目まぐるしく改善されてきている。

背後から「パシャシャシャシャシャ!!」と、ザックのiPhoneカメラ連写音が聞こえる。

これならバッチリなはず!写真を見るのが楽しみだとゴールに向かう。。。

13639548_1754464728156695_1534296046_o

13633360_1754464731490028_1621121975_o

…今年もブレてました。

そしてついにレッドカーペット。

13646718_1754465328156635_1326073495_o

その先にゴールゲートが光り輝く。

最後は全力ダッシュだ、ということで

左右から手を出してくれるギャラリーにハイタッチしながら、ジャンプしてゴール!

13639958_1754466138156554_1237825583_o

13664543_1754466118156556_798870143_n

13時間13分20秒。7:00にスタートして、今は20時13分。

去年に引き続き、2年連続でバラモンキングとなった。

ゴール後、メダルを掛けてもらい、タオルを受け取っていると

先にゴールしていた仙人が駆けつけてくれ、互いの健闘をたたえ抱擁。

「最後速すぎて写真とれなかったよ~」

と携帯を見せてくれる。

画面を覗くと、ジャンプしているところが綺麗に撮れている。さすが仙人だ。

仙人はいつも先にゴールして、メンバーのゴールシーンをカメラにおさめてくれる。

次は仙人より先にゴールして、写真を撮る側に回りたい。

次にゴールするのは熊か?と話をしつつ、

貧血気味なのか若干フラフラするので倒れないように慎重に移動。

コーラをガブガブ飲み、

ゴールで振る舞われる五島うどんを食べながら休憩する。

13633453_1754466698156498_1949736572_o

ランで最後にすれ違った順番は熊、えぇ。。さん、羅王、元帥だった。

みんなの勇姿を写真に残すため、ゴールゲートに向かってカメラを構え、そのときを待つ。

=====

編集後記

写真が少ないと更新が楽です^^

-----

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

-----

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG