バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

2016/06/19に開催された五島長崎国際トライアスロン大会、

通称バラモンキングに参加してきました。

総距離226.2km(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)というロングレース、

去年に引き続き2回目の出場です。

2016年の五島の旅について回想記を書きます。

バイクコースの西側に入ってきました。50km強のループを2周回です。

-----

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

-----

<登場人物紹介>

元帥:トライアスロンチーム ポセイ丼の主宰で絶対君主。

黒い・太い・硬いの三拍子そろった税理士。

仙人:ポセイ丼最速の漢。ウルトラレース8ヶ月連続出走などやることが解脱系。

青い魚が好き。

羅王:ポセイ丼のCFO(Ceif Food Officer)。美味しい食材を嗅ぎつける嗅覚が超弩級。

えぇ。。さん:とにかくスリム。返事は常に「えぇ。。」な中小企業診断士。

ザック:ポセイ丼でラン最速。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。舐めた表情を作るのがうまい。

熊:厳密には別チーム。肉厚。

スポンサーリンク
rectanglBIG

折り返しでチームメンバーから元気をもらう

バイクパートでの最初のすれ違いポイント、大宝でUターンする。

otakara

しばらくすると反対車線にえぇ。。さんが。

その直後に仙人、さらにその後に熊がやってきた。

それぞれ、互いに声を掛け合う。

みんなこの時点ではまだまだ元気いっぱい、笑顔も見える。

そしてここからバイクコースの難関であるアップダウン&下り急カーブに入る。

例の畳エリアもしっかり減速して通過。

13589160_1752767178326450_887559911_o

今年は何人の選手がここに突っ込んだのだろうか。。

赤い大きな団扇を振り回しながら「がんばーれー!」と声を掛けてくれる応援団(去年も同じ場所にいてくれた)に「ありがとー!」と返し必死に坂道を登る。

すぐさま下り坂、そのあと上り、、と繰り返し、

大きな下りカーブを抜ければそこは高浜海水浴場。場所は下画像左側の黄色い星マーク(☆)だ。

takahama

ここの景色がレース中No.1かな。癒される。レース前日の下見でも思わず車から降りてチャプチャプしちゃったほど。

13632652_1752767161659785_226726806_o

そして、このあとの上り坂で本日2度めのチェーン落ち。

またやってしまった。フロントとリアを両方同時にシフトしてしまってガビーン。

バイクから降りて、一生懸命チェーンをかける。2,3分ロス。

なんとかチェーンを引っ掛けたところで、再スタート。

完全に止まってからの上り坂は辛い。必死に漕ぐ。

2度のチェーン落ちは辛かったのだが、

去年に同じコースを走っていることもあって精神的にはかなり余裕があった。

  • 「1周目はとにかく我慢」
  • 「ここから辛くなるぞ」
  • 「ここはノーブレーキで突っ込むところだ」

など、経験にもとづいて判断ができたからだ。

二本楠交差点を直進して、2週目に突入。

2syuume

2周目に入ってからはほぼ単独走行。前にも後ろにもほとんど人がいない。

たまにすごい勢いで抜かれる程度で、後は一周目で頑張りすぎた人を抜く感じだ。

去年の自分は2週目は抜かれる一方だったので、多少は成長したのかもしれない。

2周目の大宝エイド、給水はスルーしてそのままUターン。

1周目と同じような位置で仙人とすれ違い、笑顔で声を掛け合う。

お腹が減るので随時、補給食バッグからミックスナッツやらグミやらを食べるのだが

一緒に入れていた練り梅チューブの中身がグミにどっぷりかかってしまっており、

梅でヌルヌルした触感の梅味グミを食べることになってしまった。

来年から梅チューブはやめようと思う。

さて、足を使わないよう意識していても2周めは辛い。

汗の量が尋常でない、、去年より暑い気がする。水を首や背中にかけながらヒィヒィ漕ぐ。

無事に2周目終了。

二本楠交差点を左折して、福江港へ向かう。

sasetu

ここから上り坂がダラダラ続き、地味に辛いのだが

ダンシングしたりストレッチしながら漕いだりで気を紛らわせながら走る。

ジェットコースター道路も通過。

左に曲がって中央公園へ。

ここで、宿泊していたホテルスタッフの方々が応援してくれていることに気づいた。

「ありがとーー!!」と叫んで先に進む。

ダラダラつづく上り坂を攻略して、中央公園でUターン、

大宝(1周目、2周目)に続く、3回めのすれ違いポイントだ。

kouen

ここでまた仙人とすれ違う。

距離が詰められているが、仙人とはほぼおなじペースで進んでいるようだ。

元帥、羅王とはスイムスタートしてからまだ一度も会えていないが、

あの二人ならきっと大丈夫なはず。

最後に住宅街を抜けて、福江港近くのバイクフィニッシュラインで下車。

バイクをボランティアの学生に預けて、トイレに駆け込み顔と頭を水で洗う。

とにかく暑かった。

その後、ランバッグを受け取って更衣テントへ。

更衣テントでは時間をかけて

・足裏テーピング

・膝テーピング

を行う。

テーピングでもたついているうちに、仙人が現れ、先にテントを抜けていった。

そしてここでスポーツジム仲間のS藤さんにも声をかけられる。

S藤さんも先にテントを出て行く。

テーピングを終え、靴下をはき、ランシューズを履いて更衣テントを後にする。

後で気づくが、ここでラン終盤用に準備していたカフェイン入りジェルx2を落としてしまったようだった。はじめての商品試すつもりだったのに残念。。。

次回に続く。ようやくラン!

-----

バラモンキング2016関連の投稿はコチラ↓

バラモンキング2016 トランジションバッグに入れたもの

レースの概要 バラモンキング2016回想記 その1

ポセイ丼メンバ紹介 バラモンキング2016回想記 その2

熊は厳密には別チーム バラモンキング2016回想記 その3

焼肉 和 バラモンキング2016回想記 その4

ビックリ弁当と鬼鯖 バラモンキング2016回想記 その5

トライアスロン ロングレースでの補給食 バラモンキング2016回想記 その6

レース当日 バラモンキング2016回想記 その7

スイムスタート!海はベタ凪。 バラモンキング2016回想記 その8

バイクスタート バラモンキング2016回想記 その9

バイクは西側がツラい! バラモンキング2016回想記 その10

今年も足裏が痛すぎるラン バラモンキング2016回想記 その11

ランランガンガンゴールまで バラモンキング2016回想記 その12

いま此処にいれることにありがとう バラモンキング2016回想記 その13

-----

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG