【200】 傲岸不遜

たまに、ふと「俺ってがんばってるほうじゃね??」と謎の自信をもとうとしてしまうことがある。

が、

先日、高校の同級生がNPO法人の代表を務めていることを知り
(川崎付近で活動していたので会いに行ったらめちゃくちゃ活き活きしていた!)

また、昨日は、小学・高校の同級生が独立起業し、渋谷に事務所を構えていることを偶然知った
(こちらはまだ会っていないので近々会いに行こうと考えている)。

うわー、何もしてない自分恥ずかしい!

傲岸不遜・自信過剰になるのは、外に出る機会が減り、
普段のネットワーク外の人とのふれあいが減った時であると感じる。

外に出ていけば出ていくほど、いろいろ動き回っている人がいて
そこでいろいろな世界があることを知って、ときめくし、あこがれる。

ということで、またちょこまかちょこまか動き回ろうと思う。

今日は短めに。明日は合気道!

=====
今日の学び

 外に出て自分の世界を広げていくこと。
 広げようとしなければ勝手に世界は狭くなっていく。
 
 行き着くところは井の中の蛙。

 変な(空っぽの)自信を持たず、

 行動すること・良い習慣を継続することで得られる”正しい自信”を持つこと

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン