賭けをすることと賭けに勝つことは違う

Image

本を読んでいたら、タイトルの言葉が出てきて

「なるほど、そのとおりだ」

と思ったため備忘録の意味で書き留めておく。

賭けをすること

だれにでもできること。

ギャンブルでもいいし

試験の時にヤマをはってもいいし

バスケの試合でドリブルかシュートか、勘に頼るでもよい。

賭けに勝つこと

だれにでもはできないこと。

勝つためには確率論や

ファンダメンタル分析、

情報戦など様々な要素が必要となる。

そして、分析するためには

記録に残すことが最重要。

いろいろなデータを記録しているからこそ

初めて分析が可能になる。

賭けてから勝つのでなく、勝ってから賭けろ

武術には三つの勝ちという教訓がある。

打って勝つのは下の勝ち。

勝って打つのは中の勝ち。

打たずに勝つのは上の勝ち 。

意味は順番に

打ってから勝つ、

勝っている状況をつくってから打つ、

打つこともなく(争わずに)勝つ、

というもの。

同じ「勝ち」でもその意味はまったく異なる。

中の勝ち、上の勝ちを目指すべく

・毎日のログ

・スポーツの記録

・武道稽古の記録

などなど残していく。

そしてその記録たちから自身のルールを定めて、

それを順守する精神が重要。

=====

編集後記

最近自分の弱点を客観視することが増えたので

メンタルを鍛える好機だと考えてます。

これ乗り越えたら結構いける気がする!

一日一新

ゆずマヨネーズから揚げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加