【0084】口撃することなかれ

自分の意見に沿わない発言をされた場合に、
不意にその人の事を貶める、口撃をしてしまうことがある。
これは、捻じ曲がった防衛本能と言えばいいのか、
とにかく「自分は悪くないよ!相手が同調しないのが普通じゃないんだよ!!」と
喚き散らしたい欲求の表れだと考える。まさに、自責の念の欠如。
”いいことが起こったら「誰かのおかげ」 悪いことが起こったら「自責」”
という考え方が正統派と考えているのだが、
いざというときに中々その通りに行動ができないのだ。
例えば、自分の説明に対して同意を得られない場合は
 ・自分の説明が分かり辛く、相手に十分な情報を提供できていない
 ・そもそも、違う考えを持つことが自然
などということを無視し、「自分良いっすよ!!」と自分ごり押ししてしまう。
勿論、自己肯定感を持つことは大切であるが
それと、自分大好きすぎて他人にも押し売りしてしまう、のとは全く訳が違う。
相手とのコミュニケーションがうまくいかなかったときには
自責の念を持って、今後につなげたい。
=====
今日の学び
「良いことが起これば 誰かのおかげ  と考え
 悪いことが起これば 自責 と考える習慣を持つ」
読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン