【0102】天引き逓増人生

「忙しすぎて時間がない」

というのは誤りで
「適切な行動をしないからいつまでたっても時間ができない」
という考え方があります。
私自身は本当にその通りだな、と今年の4月末に気づいたものの
実際に行動を起こそうと思ったら中々難しい部分があります。
毎日30分の未来投資時間を取ろうとしても
 ・朝早く起きる
 ・夜寝る時間を削る
 ・今まで行っていた不要な何かを削る
というように、これまでの習慣に手を加える必要があります。
そこに何か偉い壁があるのでしょうか。
今までの生活を変えたいけど、
今までの生活を変えたくない
という相反する2つの気持ちが共存しているように感じます。
何かモチベーションが高まっているときは
その勢いで変化側にシフトすることができますが
モチベーションというのは持続させるのに難があります。
だからモチベーションで何かをやるというのは
とても危険(継続しないから)と考えているのですが
そうすると「習慣化(無意識にでもそれをやってしまう)」
という対応策しかないと考えます。
最初にどれだけ辛抱して、とりあえず3日、3週間、3か月の期間を
持ちこたえるか、スタートダッシュを切れるかが
勝負なんじゃないかと。
自分はこれまで短期期間(数日とか、数週間、長くて半年)程度でしか
自分の将来をイメージできず、数年・数十年単位で先を見据えた
行動を起こすことができていなかったのですが
時間とお金を作るために、もっと行動を変える行動を継続させ
染み込ませていきたいと考えたのでした。
=====
今日の学び
「上手くいかない場合は原因と結果を入れ替えて考えてみる。常識を疑ってみる。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加