【0056】確率と思い込み

以前読んだ敗者のゲームという本で

「人は、発生する確率が低い事象を過大に捉え  発生確率が高い事象を過少に捉える」

という言葉を知りました。

前者の例としては

 ・宝くじ … 当たる確率、期待値を考えれば買わない方が賢明と思われるが
        「俺だけはあたるはず!」という思い込みで買ってしまう

 ・医療保険 … 罹患する可能性の低い珍しい病気に対しても、恐怖心を持ち
          特約などを多めにつける

などがあるでしょうか。後者の例としては

 ・風邪 … 周りで風邪が流行りはじめても
        「俺は風邪を引かない」と思いマスクなどの予防をしない

 が、本もしくは人から聞いた話であげてありました。

私もよく、何の根拠もないのに「俺そろそろあたるはず!」と思っては
宝くじを買い、はずれる、というあほなことを繰り返していましたが
そろそろ卒業しようと思いました。当たりません^^;;;

また、どこかで 「宝くじは貧乏人への税金だ」「貧乏税」などという言葉も聞きます。
耳が痛くって、聞こえないふりをしていましたが

宝くじを買うお金があるならそれを自己投資に回して、
時間を買うなり、本を買うなりした方が
俄然効率的な投資となるのでしょうか。

宝くじを買うことに喜びを感じて、ストレス発散となる方は良いと思います。

ただ、金に目が眩んで金を失うばかり、という人(私です)はやめてみてはいかがでしょうか。

=====
今日の学び

「宝くじは貧乏税」

夢でロト6の当選番号が見えるなど、特別なお告げでも聞かない限り、買わないこと(笑

その分を、自己投資に使おう。

もったいないことをやめて、楽しいことに使おう

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン