Kindle PaperWhite(第7世代) インプレッション

IMG_3422

Amazonプライム会員になったら、Kindleが

4000円引きになる(※)、ということで乗っかってみました。

※すでにプライム会員の人であれば、購入時に4000円引き、

 プライム無料体験に登録した人は、Kindle発送から1か月ほど後に、

 4000円分のアマゾンギフト券がメールで送られてきます。

結果からいうと「もっと早く買えばよかった!」です。

かなり気に入ってます。

良かった点と、イマイチな点を簡単に挙げてみます。

スポンサーリンク
rectanglBIG

良かった点

 無料で月一冊本がダウンロードできる

下記条件を満たす場合、キンドルオーナーライブラリーから月に一冊、対象の本をダウンロードすることができます。

  1. Kindle端末を保有している
  2. Amazonプライム会員である(年会費がかかります)

月に一冊本が無料で手に入るって、ありがたいですね。

これだけでプライム会員の年会費分、元が取れた気持ちです。

ただ、ダウンロード対象の本が決まっており、何でも好きな本をもらえるわけではないので注意。

対象はコチラを参考に。

保証をつけることができる(別途購入する必要あり)

水濡れや落下で破損した場合に適用できる保証を、別途購入することができます。

私は3年間分の保証を2970円で購入しました。一年1000円と思えば、安いかな。

カバーやケースを買うという選択肢もありましたが、カバーの分重くなって長時間持つのに疲れちゃいます。

裸で使いたいので保証を付けることにしました。万が一落としても新品が送られてくるようです。

下記の注意点があります。

  1. 盗難補償はない(故障のみ対応)
  2. Kindle購入と同時か、購入後30日以内しか保証を購入できない
  3. Kindleのモデルごとに保証商品が異なる

3.についての補足ですが、

下記は Kindle Paperwhite(ニューモデル)用の保証。

青空文庫が無料ダウンロードできる

青空文庫とは、著作権が切れた作品や、フリーで読んでかまわないという本のこと。

Kindleを持っていれば、無料でダウンロードできます。

夏目漱石の「こころ」や

日本三大奇書の一つ、「ドグラ・マグラ」なんかも無料で読めちゃうんです!これはうれしい!

IMG_3552

軽い

Kindle一台の中に、容量が許すだけ本を詰め込むことができます。

紙の本だったらすんごい重さでかさばってたまらないですが、Kindleならスマートに持ち運びできます。

旅行のときに良いですね。

バッテリーが持つ

Kindle Paperwhiteは電子ペーパーを採用しております。

電子ペーパーはいわゆる液晶よりも、紙を読んでいる感覚に近く、

バッテリー消費が少ないというメリットがあります。

一度充電すれば一週間くらいは持ちます。

バッテリー容量を気にせずに済むのでストレスがたまりません。

その場で言葉の意味を調べれる&勝手に単語帳に登録してくれる

超便利っす。

本を読んでいてわからない単語があった場合、その単語をタップしていると

その意味を辞書でひいてくれます。

こんな感じ↓

IMG_3547

そしてさらにうれしいことに、調べたワードは勝手に「単語帳」に登録されるのです。

あとから、調べた単語をまとめてみることができます。

IMG_3550

iPhoneのKindleアプリと同期できる

私の場合、常にKindleを持ち歩いているわけではありません。

電車移動中などにはiPhoneのKindleアプリで読書をします。

で、たとえばKindleで読んでいた本を、iPhoneのアプリで読もうとすると

下記のような画面が出てきて、Kindleで読んでいた続きから読み進めることができるのです。

スキマ時間読書をする人にとってはとってもありがたい!!

IMG_3538

逆もしかりで、KindleでiPhoneアプリの続きを読むこともできます。

IMG_3549

イマイチな点

全体的に気に入っているのですが、イマイチな点を挙げてみます。

動作が遅い

本を購入&ダウンロードしたり、メモで文字を入力するときの動作が異常に遅いです。

びっくりするくらい遅い。

しかし、本を読んでいるときの、ページめくりについては何の不満もありません。

一度本をダウンロードして、読み始めてしまえば気になりません。

広告がちょっと・・・

Kindle Paperwhiteを購入する際に、

オプションで「キャンペーン情報つき」か「キャンペーン情報なし」かを選択することができます。

で、「キャンペーン情報つき」のほうが「キャンペーン情報なし」より2000円くらい安いのですが、

画面ロック中に、下記のような広告が表示されます。

IMG_3548

せ、セーラームーンって。

ちょっと恥ずかしいですね。まぁ、セーラー服好きだから問題ないですが。

こういった類の広告表示が嫌なのであれば、割高にはなりますが「キャンペーン情報なし」を選びましょう。

画面が白黒

Kindle Paperwhiteはカラーに非対応です。白黒。
マンガをカラーで読みたい人には不満ですかね。

ボクは文字メインなんで無問題。

まとめ

Kindle Paperwhite7世代を購入したインプレッションを書きました。

総じて、満足のいく内容です。

今まで電子書籍を毛嫌いしていましたが、

最近は電子書籍のみ(紙媒体がない)という本もあります。

iPhoneのキンドルアプリも使えますが、長時間見ていると目が疲れるので

これからPaperwhiteを使う時間が増えそうです。

=====

編集後記

クーラーのつけすぎで喉がやられる。

朝、寒くて目が覚めるという日が続いていたので

眠りが浅く。。体も重い。

対策を考えなければなりません。

一日一新

夏目漱石「こころ」読了(青空文庫)

チャート分析シート作成

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG