ロジクール M570t スクロール時のカリカリ音がうるさいからプチ改造した

ロジクール M570t スクロール時のカリカリ音がうるさいからプチ改造した

トラックボールマウスM570tを導入して気になった点が1つ。

 

それは「スクロール時のカリカリ(カタカタ?)音」。

 

スクロール時に中央ボタンを回した時になるこの音が気に食わなかったので、

音が鳴らないよう改造しました。改造と言っても、ちょこっと金属のバネをずらすだけの

誰にでもできる内容です。

 

※分解すると、メーカー保証の対象外となります。自己責任で行いましょう。

 

 

結論としては

・音は静かになった

・若干空回り感(遊びがある感じ)が出てしまった(気になる人は気になるかも

という感じ。

 

 

必要なもの

  • トルクスドライバー
  • ラジオペンチ

 

今回の作業をおこなうにあたりトルクスドライバーが必要となります。

 

というのも、M570tのネジはねじ山が六芒星のような形になっており、

一般的なプラスドライバー、マイナスドライバーでは回すことができないから。

 

マイナスドライバーで無理やり開けようと思えばなんとかならないこともないですが、

失敗すればねじ山をなめてしまい、二度とあけることができなくなるので要注意です。

 

Amazonで1000円程度で購入できるので、

これからもモバイルルーターやらスマホやら、いろいろな機材を分解したい人は買ってしまうのも手でしょう。

 

 

 

 

手順1:ボールを外す

裏側のスキマから指で押すだけでポロリです。簡単です。

IMG_3677

 

 

手順2:ネジを外す

トルクスドライバーの出番です。

M570tの背面には5か所ねじ止めがあります。

 

  • ネジ穴が見えているところが1か所
  • 滑り止めがついているところが3か所(両面テープで張り付けてあるだけなので、引っ張ったらはがれます)
  • 電池ケースのシールの裏側1か所(分かりにくいので後述)

の計5か所。

neji

 

電池ケースのシールの裏側1か所は下図を参考に。

 

IMG_3684 - コピー

 

 

手順3:カバーを外す

ネジをすべて外し終わったら、カバーを取り外します。

力ずくでやらず、慎重に行いましょう。

 

 

IMG_3694

 

手順4 :バネをずらす

カリカリ音の原因である、バネをずらします。

バネを外そうとすると、結構大がかり(部品がはめ込まれていて分解がやっかい)なので、

ずらすだけで止めておきます。

 

ちなみに、センサー部分と基板をつなぐフレキケーブルを取り外したほうが作業はしやすいです。

コネクターの黒い部分を基盤から離れる方向にカパッとスライドさせればケーブルが抜けるようになります。

気合で無理やり外すのはやめましょう。

 

IMG_3687

 

バネの先端がホイールの中にはめ込まれているので、

ラジオペンチのような先端が細いもので下記画像のようにずらしてしまいます。

プラスチックの突起があるので、そこにひっかける感じにすればOKです。

 

IMG_3688

 

角度をかえて見るとこんな感じです。

IMG_3692

 

手順5:組み立てる

あとは、これまでの手順をさかのぼって元通りに組み立てるだけ。

 

冒頭に書いた通り、スクロールホイールに若干の空回り感というか、

遊びが出る感じはありますが、

スクロールの滑らかさは改善されるはずです。

 

 

まとめ

M570tのスクロール音を消すために、

原因のバネをずらす方法を紹介しました。

 

非常に些細なことですが、毎日使うものなので

ストレス低減に地味に効果があります。

 

これでスクロールし放題!

 

 

=====

編集後記

友人と噂の峠ランに行く。

暑さもあいまって非常にハード。

 

明日以降の筋肉痛が怖い^^;;

 

 

一日一新

峠ラン

さくらの湯

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン