【220】運のいい人悪い人

運のいい、人悪い人という本を読みました。

なんというか、かるーく読み流した程度ながら、じわーっと効いてくる系の(?)内容です。

平たく言えば、運が良い人はポジティブで、
自分自身の事をツイテル人間であると思っており、
積極的に人とコミュニケーションを取ります
(喫茶店で隣に座った人に、何かのきっかけで声掛けしたり
 レジ待ちの行列で隣になった人と他愛のない会話を楽しんだり)。

こうする中で、思わぬイベントが発生し
(自分の会社を売ろうと考えているところに、たまたま著名投資家であるバフェットと出会う機会が生まれた、など)、生活が好転して行きます。

「運は人が運んでくる」という表現も良く聞きます
(良いことも、悪いことも人が運んでくるものだ、という表現も聞きますが^^;;)。

やっぱり、今までの友達や会社の知り合いと仲良くするだけでなく
たまに社外の人と話したり、社内でも異なる部門の人と話すことが重要となる気がしています。

ここまで読むと「運が良い人になるには人と会え」という本当に平たい話になってしまうのですが、
もう少し思うところがあって

運が良いということは、目の前のチャンスを逃さないということで
そのためには常日頃から(無意識状態で)センサーを広範囲に鋭敏にしておくことが重要です。

そのセンサーが反応する範囲を広げるには
色々な人と話をしたり、たくさんの本を読んだり、興味を持ったアクティビティにどんどん挑戦するなど、経験を積むことが重要で

また、センサー感度をあげるためには
くよくよ悩んだ状態ではなく、頭の中がすっきり・整然としておくことが重要であるようです。
このための具体的な方法が、瞑想だったり、メモ書きです。

まとめると、楽しく生きるために
 ・経験値を積む
 ・頭をスッキリさせておく
ということをもっと意識しようと思ったのでした。

=====
今日の学び

 ・チャレンジして経験を積む
 ・頭をすっきりさせる

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン