川があれば飛び込め

IMG_2290

目の前に川があれば飛び込みましょう。

考えすぎるより飛び込んでみた方が早いことが多々あります。

スポンサーリンク
rectanglBIG

英語が苦手なMさんの例

Mは私のこと。

昨日、友人主催の「英語パーティ」に参加してきました。

IMG_2311

友人の知り合いに英語ネイティブがいるということで、その人を講師として迎え、食事を行う会です。

英語が苦手だけど、能力を向上させたいという人たちが集まっています。

外から見れば単なる飲み会ですが、乾杯の瞬間から

一切日本語を使用してはなりません(店員さんへのオーダー時などは除く)。

自己紹介から始まり、仕事の話や恋愛の話、趣味の話と続けていきます。

英語を強制されると「あれ?これって英語でなんて言うんだっけ?」と頭が猛スピードで回転し始めます。

自分の現時点でのレベルを把握できる、良い機会となりました。

川があれば飛び込め

今回パーティに参加して、

英語を話す機会なんていくらでもあるんだな、

と感じています。

これまでは海外赴任を言い渡されるなど

「環境を誰かが変えてくれる」機会があれば英語を勉強するだろうと考えていました。

この、「環境が変わってくれたら」「誰かが私に刺激を与えてくれたら」という受け身感覚で

いる限り、その機会というのは永久にやってこないようです。

環境は”自ら選んで・作って変えるもの”、刺激は”自ら進んで受けに行くもの”ということで

自ら何かしらのアクションを起こしましょう。

遠くの国の大きな川ばかりを思い浮かべるのでなく、

身の回りを見渡してみましょう。

沢山の川があるはずです。

あれこれ考えすぎず、目の前の川に飛び込んじゃいましょう。

=====

編集後記:

ブログについて、

「これはしっかり書きたい!」というネタができた時こそ

ブログ更新が滞りやすいという法則を発見しました(汗

このネタは大切に扱いたい、ちゃんと文章を組み立てたい、

と思って他のネタを取り繕って更新しているうちに、

大切なネタに対する熱が徐々に失われていくという流れです。

どげんかせんといかんですね。

一日一新(一日にひとつ新しいことを行う):

・英語パーティ

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG