第一回 久米島トライアスロンを完走して

2015/3/8に開催された第一回久米島トライアスロンに参加しました!

kume

トライアスロンデビューを果たした記念すべき一戦。

第一回久米島トライアスロンでは

  • スイム 2km
  • バイク 66km
  • ラン 20km

を、約370人の選手が駆け抜けます。

一人で3種目を走る「個人の部」が336人、

三人で1種目ずつ(スイム担当、バイク担当、ラン担当)走る「リレーの部」が33人(11チーム×三人)という内訳。

若干の曇天が心残りではありましたが(一度快晴の海を見てみたかった)、

海自体は透明度が高く、気持ちよく泳ぐことができたし

島の人たちの応援もとてもアットホームで温かかったし、

前日や当日の夜に食べた食事も美味しかったし、

とても良い記憶となったレースでした。

スポンサーリンク
rectanglBIG

ブログのネタにもなるトライアスロン

トライアスロンのトレーニングを始めたのは昨年の12月からなので丸々3か月ということになります。

この間、レースのエントリーから始まり、

必要な道具を集め

スイム、バイク、ランのトレーニングを行い

トライアスロンという競技の知識も集め、、、と

実に様々な行動をとってきました。

初体験のことばかりなのでネタの宝庫です。

色々な不安を乗り越え、身体を通して学んだことをこれから数日に分けて書いていきます。

今日は予告になってしまいましたが、初めてトライアスロンデビューする人向けというテーマで書いていきます!

今日の学び

【トライアスロンはネタ・学びの宝庫】

=====

編集後記

帰りの飛行機(那覇発、羽田行)が

保安検査場の理由ために2時間程遅延しました。

帰宅した時刻は0時を回り体には堪えましたが、何より怪我無くレースを完走できたし

ハイジャックされた訳でも無いし、無事に家に着けたのでこの位ですんでラッキーとしてます。

中国客3人、手荷物場逆行で那覇空港大混乱 5便欠航、25便遅延

 9日午後4時15分ごろ、那覇空港国内線旅客ターミナルに到着した女性3人が、1階の手荷物受取場から戻ることが禁じられている2階の出発ロビーに引き返した。これにより全ての乗客の保安検査をやり直すため、同5時17分から同6時22分までの約1時間、同ターミナルでは全ての国内線の出発を見合わせた。空港内は再検査を待つ客らで一時ごった返し、少なくとも那覇空港を発着する5便が欠航、25便に遅延が発生するなど、約6300人以上に影響が出た。(琉球新報)

一日一新

久米島観光(ウミガメ、熱帯魚、パイン園)

那覇鉄板焼き

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG