河鍋暁斎展@三菱一号館美術館

河鍋暁斎展@三菱一号館美術館

タイトルの通り、河鍋暁斎展@三菱一号館美術館に行ってきました。

 

 

 

kyosai

 

河鍋暁斎とは

Wikipediaでは

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 – 明治22年〈1889年〉4月26日)は、

幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。

それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである。

 

明治3年(1870年)に筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。

狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。

 

とあります。

 

 

所感

 

驚いたのが作品の幅広さ。

  • 鯉、猿、烏や鷹などの動物の水墨画
  • 鳥獣戯画、妖怪などの空想的な画
  • 風景画
  • 春画

などなど、幅広いです。

 

鯉の水墨画が有名だと思っていたので、写実的な画を描く人なのだろうと思っていたら、

妖怪やら風神雷神やらをデフォルメして描いたものもあり、

写実的にもアイディア画的にも才能を発揮していた模様。

 

 

でもやはり、気になったのは水墨画。

極端に言えば白黒、グレイスケールなのですが

それにも拘わらず描かれた鯉や烏は立体的で、

水面や羽毛の質感が伝わってきます。

 

豪快な筆のあとも見えるし、猿の毛を一本一本丁寧に描いている繊細さも見えます。

 

このメリハリ感が立体感を生んでいるのでしょうか。

 

 

 

鹿鳴館の設計を行ったお雇い外国人の建築家、コンドルとの親交についても触れることができます。

 

 

 

 

好奇心の幅を広めるという意味でも、

気分転換に美術館、おすすめです。

 

分からないなりにも楽しめます。

IMG_3562

コンドル像と一緒に写真を撮ることもできます☆

 

土曜日ということもあり、結構混んでました。平日に行くほうが良いでしょう。。

 

 

 

 

=====

編集後記

美術館の後、銀座のタイ料理店へ。

辛いものは割と得意だと思っていましたが、

青パパイヤのサラダで見事に撃沈。

 

泣きながら食べました。

 

 

一日一新

ジムトンプソン

シンハー(タイビール;ドライでさっぱり)

モレッティ(イタリアビール;フルーティで飲みやすい)

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン