すみません。「デザイン」の意味を全く理解していませんでした

この頃、頻繁にトライアスロン関係で投稿をしていますが、

今日もトライアスロンネタ。

ただ、今回取り上げるのは競技自体ではなくユニフォームのデザインについてです。

スポンサーリンク
rectanglBIG

レース中に感じたデザインの効果

まず、トライアスロンチーム「ポセイ丼」のチームウェアを見て頂きたいのですが

右肩には海を表す青色、

左肩にはチームの主宰を象徴する、情熱の赤

(主宰に逆らったがために流れた幾多の血の色ではないのです)。

mae

前面には”DON”の右側に可愛いどんぶりマーク、

そして背面には丼にのったポセイドンマークが!

usiro

これを、いかついトライアスリートの面々が可愛らしく着こなすことによって

アソシエイト感が高まるんです!

ginyu

ということで、このウェアのお蔭で先日の久米島トライアスロンレース中も

女子高生(推定16歳)から「なにあれ!?カワイイ!」とか

おばあちゃん(推定78歳)から「なんて書いてあるのかね?んぁ、ポセイ・・・?」

と興味を持っていただき、同時にたくさんの声援を頂きました。

ジェルや一本満足バーが身体的な補給食であるのに対し、声援は精神的な補給食です。

また、レース中にメンバとすれ違う際も一目で発見することができます。

数百人が競技に臨むため、特定の人を見つけるのはなかなか苦労するのですが

本当に瞬間的に見つけ出すことができます。

同じウェアを着たチームメンバを見ることで、自分自身を鼓舞することもできました。

もし、今回のレースに普段の練習着で参加したらどうなるのでしょうか。

今回ほどの声援はいただけなかっただろうし、

自身のモチベーションも低くなっていたと思われます。

ということで

「デザインにはこれほどの求心力があったのか!?」

との気付きを得ることになりました。

身体は記憶する?

たまに美術館に行くのですが

絵画、造形などで優れたデザインのものを目にして

「あ、いいなぁ」と思うことがあります。

このとき

「ここの比率が8:5で、あそこのベジエ曲線の曲率が小さいからこれは良いものだ」

などと頭で考えることは決してなく(少なくとも、私の場合は)。

「なんだかよくわからないけど良い」=「直感的に良いと感じる」 という状態になります。

この直感的に良い、と思う感覚はその人がそれまでに経験してきた事象から

構築されたものではないかと考えています(あくまで個人的に。専門家でもなんでもないので)。

例えば、

幼い頃に、とげとげの毛虫に触れて痛い目にあった人が大人になってからも

「とげとげデザインをみると、ゾクゾクする」

ということが起こったり

別の例では

”梅干しを食べたことがある人は「梅干を見るだけで唾液が出てくる」”

ことが起こります(写真や絵など、実物でなくとも)。

ちなみに中学の同級生で、人生で一度も梅干を食べたことが無い友人がいたのですが

彼は「梅干をみても唾液が出ることはない」と言っていました。

つまり、身体が経験を記憶しており、意識とは独立した反応を返しているようです

(「これは梅干だ。酸っぱいから唾液だすぞ。」なんて思いながら涎垂らしている人は

いないですよね)。脊髄反射に近い?

脱線しましたが、デザインは

人がそれまで経験したこと、

複雑に絡み合い積み重なってきたこと

に作用すると考えています。

経験を引き出すと言っても良いのでしょうか。

デザインは身体の記憶にうったえる

デザインの領域で使用される言葉にアフォーダンス(※)というものがあります。

これは”デザイン・形状が、その人に対して特定の行動を誘発する効果”を指しており

例えば下の画像の様なドアをみれば

IMG_1443

「ドアレバーをつかんで回せばドアが空くんだな」

と直感的にわかります。

引き戸だと思う人は少ないでしょう。

また、ドアを開けるときに

「あ、ドアがある。レバーがついているからこれをつかんで回せばいいんだな」と

逐一考えながら行動する人がいないように(=無意識にドアを開けているように)

デザインには、その人の経験を呼び起こし、ある一定の行動を誘発する効果があります。

(※)アフォーダンスという言葉は、アメリカの心理学者ギブソンによる造語であり、

”動物と物の間に存在する行為についての関係性そのもの”を意味しており、

ドナルド・ノーマンという人がデザインの認知心理学研究の中で

”人をある行為に誘導するためのヒントを示す事”

という意味で使用しています。ノーマンの用法は誤用ですが

デザインやユーザインタフェースの領域ではこちらの意味でつかわれることが殆どです。

詳しくはWikipediaを参照ください。

ちと脱線 & まとめ

まとめの前に脱線しますが、

先日受けたSIY(Search Inside Yourself)というセミナーでは

瞑想を行うことで、自分自身の感覚に鋭敏になれ

と言っていました。

また、禅の思想を持っていたスティーブ・ジョブズ氏が

デザインに並々ならぬ執着をみせ

iPhoneなどの洗練された製品を大ヒットさせたことも、

今回書いた内容に共通する要素があるように思います。

書籍では、”単純な脳、複雑な「私」”

の中で、コップを取ろうとするとき、

「コップを取ろう」と意識するその少し前に

腕の筋肉が緊張し、指に汗をかき始めるなどの反応が起こっている

という事例が紹介されています。

つまり、

「何か行動を起こそうと頭で考える前に、身体は既に準備を始めている」

=

「脳みそは、体がとった行動に対して意味を後付けしているだけ」

ということです。

今回のポセイ丼ウェアは多くの久米島島民の関心をひき、

他の選手に比べてより多くの声援を引き出す、

という効果を生み出してくれました。

こんな素敵なウェアをデザインしてくれ、気づきを与えてくれた

M姐さんには感謝・感激・雨・嵐です。

そしてデザイナーに限らず

すべての人が”デザイン”を意識する必要がある

(意識すれば恩恵にあずかれる)

のではないかと気付かされました。

大学の授業(情報工学)でもユーザインタフェース、

デザインの重要性は習ったはずなのですが、、、

表面だけをなぞって、理解しようとはしていなかったようです。。 オヨヨ(=ω=;

Apple社など”人々の生活”をデザインする商品を生み出している

企業もあります。

その人の経験、

いわば”その人の歴史”に作用するような

デザイン・仕組みを提供していくことを心がけたいですね。

まずはこのブログのデザインをもうすこしどうにかしなければ。

今日の学び

【デザインは身体に訴える】

=====

編集後記:

風邪っぴきで微熱っぽいかんじです。

風邪をひいた原因を推測するに

ハラマキを付けていなかったことが挙げられます。

おなかが弱い僕にはハラマキが心のパートナー。

ほぼ日ハラマキが激オススメですよん

一日一新(一日にひとつ新しいことを行う):

・無調整豆乳&プロテイン&クエン酸&アルギニンを

会社に持参。

人目を盗んでこっそりシェイクし、飲んでいます。

不審者です。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG