家で炭酸風呂のススメ(重曹+クエン酸)

IMG_7143

まだ市販の入浴剤つかってるんですか?

クエン酸と重曹で炭酸風呂つくるとはかどりますよ。

炭酸効果で血行が良くなるし、体が温まるし、お湯あたりもなめらかになるしでオススメです。

スポンサーリンク
rectanglBIG

ちょっと激し目の炭酸風呂の作り方

ネットで炭酸風呂の作り方を調べると、クエン酸と重曹を大さじ○杯分、なんてでてきますが

その程度の量ではボクには刺激がたりません。もっとたくさんの炭酸泡にまみれたいのです。

以下ではボクの炭酸風呂の作り方を紹介します。

お風呂にぬるめのお湯をはる

普通に湯船にお湯をためるのですが、温度を気持ちぬるめにするのがポイントです。

できれば37℃とか。冬だと寒いのでもう少し高めにしてしまいますが、

ぬるいほうが炭酸が水に溶けやすいのです。

気体を水に溶かすには、温度が低いほうが高濃度になります。

炭酸ジュースを冷蔵庫から出すとすぐに気が抜けるのと同じ理屈です。

重曹130~200gを溶かす

重曹の粉末をお湯に溶かしてよく混ぜます。

かなり多めだと思いますが、このくらい入れるとかなり満足度高い炭酸が得られます。

注意点としては、この時点で入浴しないこと。

アルカリ性で肌が荒れてカサカサになってしまいます。冬場・乾燥肌の人は特に注意。

クエン酸を投入して、中和してから入りましょう。

クエン酸100g~150gを溶かして混ぜたらすぐに入浴する

重曹:クエン酸の比率が 大体1.3:1になるように、クエン酸を投入します。

クエン酸を投入した瞬間泡が発生し始めるので、なるべくはやく湯船につかりましょう。

湯船につかったあとは、なるべくじっとしています。動くと炭酸の泡が取れてしまうから。

しばらくじっとしていると、肌に泡がたくさんついてきます。

肌から二酸化炭素が吸収されると、二酸化炭素を排出しようとして血行がUPするのです。

やってみればわかりますが、ぬるいお風呂でも肌が真っ赤になっていきます。

血流UPという意味では、

アルギニンというサプリメントを飲むと一酸化窒素が発生し、それを排除するために

血行が良くなるのですが、それと似ていますね。

炭酸風呂に必要なもの

上記のやり方だと、クエン酸と重曹の使用量が多いので、

ボクは大量に買っています。

過去の投稿で書きましたが、重曹、クエン酸は炭酸風呂以外にもいろいろと使えるのです。

クエン酸も重曹も、食用グレードのものを買うのが良いでしょう。

重曹のススメ

クエン酸、飲み始めました。疲労回復のためにちびちび摂取。

楽天市場で一度重曹25kgを買ったことがあるのですが、これはさすがにやり過ぎた感がありました。使いきるまでに時間がかかるし、かさばるのでまずは数kgくらいでいいと思います。

重曹は100円ショップなどでジップロック風の大きな袋を買ってきて、数kgごとに移し替えます。

どうしてもこぼれてしまうので、お風呂場など、粉末がこぼれても問題ない場所で行いましょう。

まとめ

クエン酸+重曹での炭酸風呂のススメでした。

冬場はお風呂につかっても体があたたまりにくいのですが、

炭酸風呂にすると本当にあっというまに体がポカポカしてきます。おすすめです。

濃い目の炭酸風呂になれてしまうと、大さじ数杯程度の分量では物足りくなってしまいますよw

話変わりますが、お湯あたりをなめらかにということでは

塩素除去のためにビタミンC粉末を少量溶かすという手もあります。

クエン酸よりビタミンCの方が塩素還元能力がたかいようで。

=====

編集後記

少しずつブログアクセスがUPしてきました。

読んでくださっている皆様、ありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG