Wi-Fi WALKER HWD15のセキュリティ設定

IMG_2035

WiMAX2+の契約にともない、HWD15を使用することになりました。

こんかいはセキュリティの観点からやっておきたい

  • MACアドレスフィルタリング
  • SSID(無線ネットワーク名)の変更
  • SSIDステルス

を取り上げます。

スポンサーリンク
rectanglBIG

設定の方法

HWD15の各種設定はブラウザ(Internet Explorerや、Chrome、SafariなどのWEBサイトを表示するアプリ)経由で行います。

HWD15と接続した状態でブラウザを立ち上げて「http://wi-fiwalker.home/」にアクセスすると、下記の画面が表示されます。

ユーザ名に「admin」、パスワードは、初期設定ではルーター本体裏側に書かれている、IMEIという数字列の下5ケタです。

1

ちなみにこの画面はPCからアクセスした場合です。スマホでアクセスすると簡易設定の画面が表示されるので、PC版の画面を表示、をクリックして画面を切り替えましょう。

MACアドレスフィルタリング

インターネットにつながる機器には、それぞれユニークな(世界に一つの)MACアドレスというものを持っています(パソコンや、スマートフォン、Nintendo DSなどのゲーム機器も、それぞれ独自のMACアドレスを持っています)。

ルーターHWD15では、そのMACアドレスを判別して「指定されたMACアドレスの機器のみを接続許可する/接続拒否する」という設定が可能です。

「このルーターには自分が持っているPCやスマートフォンだけを接続させたい!」という場合に有効な項目です。

設定方法は

「設定>LAN設定>MACアドレスフィルタ」

で、MACアドレスを打ち込むだけ。

mac

Wi-Fi MACフィルタのプルダウンメニューから

  • オフ:MACアドレスフィルタ無効
  • 許可:登録されたMACアドレスを持つ機器のみ接続する
  • 拒否:登録されたMACアドレスを持つ機器は接続拒否する

の3種類のモードを選択できます。

ちなみにiPhone6のMACアドレスは

「設定>一般>情報」

で真ん中あたりに表示される、Wi-Fiアドレスが該当します。

”ab:12:cd:34:ef:56:gh”という形式で表示される文字列です。

SSID名変更

SSIDとは、無線ネットワークの識別子、つまりネットワークにつけられた名前のことです。

パソコンなどで無線LANに接続しようとすると、場所によってはたくさんのネットワーク候補が表示されます(下記画像参照)。

net

ルーターHWD15を買った状態の設定では、SSIDは

”HWD15_8C34FD536850”

のような”HWD15_適当な文字列”になっています。

このままでも良いですが、覚えにくいし、私はこんなルーター使ってます!とアピールしているようで嫌なので、SSIDを変えてしまいましょう。

「設定>LAN設定>セキュリティ設定」から変更可能です。

21

上の図でSSID1 (WPA2/WPA)の欄に好きな名前を入れます。

画像の例では”myNetwork”としています。

これで、ネットワーク名が”HWD15_xxx”といった無骨なものから、

自分がつけた名前に変わります。

ここでつけたネットワークの名前は絶対に忘れないようにしてください

(以下で振れるSSIDステルスを有効にする場合は特に)。

もし忘れると、ネットワークに接続できず、かつネットワーク名を調べることができなくなり、

ルーター本体をリセットすることになってしまいます。

SSIDステルス

SSIDステルスとは、名前からわかるとおりSSIDをステルスする(見えなくする)ための機能です。

ステルスOFFの場合は、

ルーターが

「私は○○というネットワークです!接続したい人はパスワードいれてね!」と

自分の存在を大声で周囲に叫んでいるようなもので、

その声が届いたパソコンやスマートフォンが「あ、あそこにネットワーク○○がいる。パスワードも知っているし接続しよう」

ということになります。

しかし、ステルスONの場合は周囲に自分のネットワークの存在を知らせません。隠密です。

そこにネットワークがあることをあらかじめ知っている人だけが接続できることになります。

設定は、SSIDの名前変更を行ったところからできます。

22

SSIDステルスを「オン」にチェックするだけです。

SSIDステルスのネットワークに接続する方法

SSIDステルスをオンにすると、ネットワークの存在が隠された状態になるため、

パソコンやスマートフォンのネットワーク自動検出にひっかからなくなります。

自分で、ネットワークの名前を入力しなければなりません。

iPhone6の場合

「設定>Wi-Fi」から、ネットワークを選択… の「その他…」を選択します。

下記の画面が表示されるので、SSIDとパスワードを入力します。

IMG_2047

Windows7 PCの場合

スタートメニュー>コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター

から

「新しい接続またはネットワークのセットアップ」

を開きます。

win

次に、「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」をクリック。

win2

そして、下記画像のようにSSID名や、暗号化の種類、パスワードを入力します。

また、「ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する」

にチェックを入れてください。ブロードキャストというのが、上記の喩えの

「私は○○というネットワークです!接続したい人はパスワードいれてね!」と

自分の存在を大声で周囲に叫んでいる

の部分に該当します。

win3

まとめ

HWD15のMACアドレスフィルタリング、SSIDの変更とSSIDステルス設定方法について書きました。

踏み込めば、他にもたくさんセキュリティ関連の設定がありますが、

まずは変な機器が自分のネットワークに接続できないようにしてみてはいかがでしょうか。

=====

編集後記

キュウリとミニトマトの苗、プランター&土を買ってきて

植えました。これからが楽しみです!

あとオクラも。

トマトとバジルを一緒に植えると、トマトが美味しくなるらしいですよ~

一日一新

ADAMO ISMサドル

オクラとトマトとバジルを植えた

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG