「普通」を押し付けないこと=Iメッセージを使うこと

「普通」を押し付けないこと=Iメッセージを使うこと

Imessage

 

フルマラソン、トライアスロンをやるようになって

 

・ふらっと10km、20km走る

・ふらっとプールにいって1,2km泳ぐ

・ふらっと自転車にまたがって30-60km漕ぐ

 

ということが「普通」になった。

 

 

で、

 

この「普通」は自分の中にとどめ、決して会社の同僚などに押し付けてはならないな

 

と思った次第。

 

相手に押し付けないためにも

ボクは○○と考えてます」

私は××と思っています」

というように、Iを付けるIメッセージを使うようにしたい。

 

 

一年前の自分の「普通」

一年前の自分は、トライアスロンもマラソンも未経験。

 

ロードレースも13kmのイベントに出たことがある程度で、

ハーフマラソンはちょっと敷居が高いな、、、というレベルだった。

 

フルマラソンなんて、その道を目指す特異な人だけが申し込むと思っていた。

たまにランニングするときも、3kmとかがふつう。

 

 

現在の自分の「普通」

 

あるビジネス系の勉強会に参加したことがきっかけで、マラソンとトライアスロンに取り組むようになった。

 

スーパービジネスマン達と知り合って、彼らが耐久系スポーツでも結果を残していることを知り、

「自分もマラソン走ればビジネスで成果でるんじゃね?」と勘違いしてしまったことによる。

 

安易な思考であったと反省はしているが、後悔はしていない。

 

主なレースの履歴は下記の通り。短期間のうちに距離が倍増していった。

 

・2014年11月 初ハーフマラソン

・2015年1月  初フルマラソン

・2015年3月 久米島トライアスロン(ミドルディスタンス;スイム2km バイク66km、ラン20km)

・2015年6月 五島トライアスロン(アイアンマンディスタンス;スイム3.8km バイク180.2km、ラン42.2km)

 

 

結果、一年前の「13kmのロードレースにエントリーするぞ!」というくらいの気持ちでフルマラソンにエントリーしてしまうようになった。

 

 

みんな走ればいいのに思考

 

一年前から今に至るまでを振り返って思ったのは

 

「案外、いけんじゃん!」

 

ということ。

 

 

一年前は「絶対無理だろう!」と思っていたことも

いざやってみたら「なんとかなる」(というより、なんとかする)もんだ、ってことが分かった。

 

この感覚が気持ちよくって、この感覚を共有したいがために

同僚とかにも気軽に「とりあえずハーフエントリーしようよ!一緒に走らない?」とか言うようになった。

 

 

「みんな走ればいいのに」思考である。

 

 

しかし、よくよく考えてみれば、自分に

 

・もともと運動するのが好きだった

・自分は就職してからも多少は運動を続けていた(バスケとか)

・普段から謎のフラストレーションを抱えていた(日常に満足できず、何かしなければならない!という気持ち)

・後先考えずにノリで動く

 

などの性格があったから、こうなってしまったように思える。

 

 

ふと、上記の性格を無視して人に意見するのもどうかな、と最近考え、

しつこくレースに誘うことは辞めようと考えた。

 

 

あまりに当たり前すぎるけど、走ることに興味を持った人だけ走ればよい。

 

 

自分がこんだけ走るからって、人にもそんだけ走らせようとするのは余計なお世話

(でも、身近にむちゃぶりな誘いに乗ってくる人もいて、それはそれで楽しいのだけど)。

 

人によって考えは違うのだから、その人が自身の考えに従って行動すればよいだけの話。

 

 

脱線;ブログもそうだよね

 

ブログ更新していても同じようなことを考える。

 

「いくら駄文を書いても何の意味もない。量より質」

「量質転化。毎日書くことに意味がある」

「自分自身の内省のために書く。人に読まれなくても問題ない」

「人に読まれなきゃ意味がない」

 

みんな、いろいろな考えを持っている。

 

ここで

「私は○○と考えている」

と発言するのは全然OKだけど

 

「みんな○○すべきだ」

みたいに自分の意見を人に押し付けるようになってはならない。

 

人それぞれ性格も違うし、ブログ更新の目的も異なる。

自分にとっての正解が人にとっての正解とは限らない。

 

だからこそ、発言する際には

Iメッセージ

を意識していこうと思う今般。

 

 

私は○○と思う」

 

というように「私は」をつけるだけで、「私は勝手にこう思ってますよ」というニュアンスが出てくる。

 

あなたはあなたの思うようにやってね、という感じ。

 

 

Iメッセージに共感してくれる人とは一緒に楽しみ、

異なる意見を持っている人がいれば「なるほど、そういう考えなのね」でおしまい。

 

 

 

最近自分を振り返って、強引過ぎるかなー、と思うところもあったので

無理強いせずにまったり生きて行こうと考えたのでした。

 

 

 

=====

編集後記

公園で屋外バスケ。

見知らぬ人から声をかけられて、簡単な3on3ならぬ4on4をやって

楽しかった。

 

一日一新

初めての公園で初めてのメンバとバスケ

銭湯までラン

読んだ本はコチラで売っています↓
家に取りに来てくれるので便利です。
ブックオフオンライン