たった3秒!インスタントラーメンを美味しくする方法

たまに無性に食べたくなるインスタントラーメン。

今日は、インスタントラーメンの麺をゆでる時に、たった3秒工夫するだけで

美味しいモチモチ麺に変化させる方法を紹介します。

IMG_1621

写真は、ハウス食品の「うまかっちゃん」。九州男児のソウルフードです。

デフォルト設定でも(味玉や、メンマなどと言ったオプションを付加せずとも)充分おいしくいただけます。

何も入れないと見た目はさびしいですが。。。

私の血管にはとんこつラーメンのスープが流れていると言っても、過言です。

スポンサーリンク
rectanglBIG

麺をゆでる時に重曹を入れる

これだけです。

ベーキングパウダー(ふくらし粉)の原料として用いられる重曹。別名、炭酸水素ナトリウム。

2kgでも600円程度というコストパフォーマンスです。

この重曹を、麺をゆでる時に「小さじ半分」ほど入れてあげるだけで、

麺の食感が大きく変わります。

たまご麺の様なちゅるちゅる感と、すこしもっちりした弾力のある歯ごたえに変わるのです。

注意点としては

  1. 重曹をいれすぎない
    →えぐみがでてしまい、悲しい食べ物となってしまう
  2. 麺をゆでるお湯と、スープを作るお湯は別々にする
    →重曹の入ったお湯は苦いのでスープに使えない
  3. 余裕があれば、ゆであがった麺を一度お湯で洗うと良い
    →重曹成分を洗い流します。苦味が気になる人は特に洗いましょう。
  4. 重曹は食用グレードを使う
    →掃除用の非食用グレードもあるので注意

と言ったところでしょうか。

いろいろな麺でも対応できる

この重曹を使って麺をゆでるという技は、パスタやうどん、そうめんなどでも効果を発揮します。

小麦でできたあらゆる麺を「中華麺」のような食感に変化させてしまうのです。

重曹を水に溶かすとアルカリ性の液体になるのですが、

これが「かんすい」(中華めんを製造する際にしようされる水)の代わりとなり、麺の小麦成分に反応し、中華麺のような食感に変化させます。

個人的には、ぜひとも「うまかっちゃん」で試していただきたい技です。

ちなみに、冷凍エビを重曹を溶かした水にいれて解凍すると

プリップリの食感になります。安いエビが高級チックに。

麺をゆでる以外にも、ケーキ作りや掃除など、幅広く使える重曹、重宝します。

ぜひ、ご家庭に一袋。

=====

編集後記

社内勉強会で、先日受講したSIYセミナーの内容をシェア。

人に話すことがなにより自分自身の復習になります。

一日一新:

ラプソル

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG