運動と瞑想の共通点

IMG_3589

バスケットボールをやっていて気づいた、瞑想との共通点。

スポンサーリンク
rectanglBIG

なにも考えない

バスケットボールはスポーツの中でも割と激しい部類に入るでしょう。

オフェンスで全力ダッシュをして、ボールをカットされればディフェンスに戻るために

素早く切り返してダッシュでもどり、

ゴール下ではパワープレイ(手を使わずに、体全体で押しくらまんじゅうしてます)、そしてジャンプ。

心拍数もかなり上がります。ピークでは体感で180-190は行っているかと。

マラソンなどの長時間スポーツでは、レース中にいろいろなことを考えます。

・このペースだとゴール時間は○○時くらいかなぁ・・・

・ブログに何を書こう

・友人たちはもうゴールしただろうか

などなど。

しかし、バスケのように激しいスポーツをしている最中は、

バスケ以外のことを考える余裕はありませんし、

バスケのプレー自体も、考えて動くというよりは

体が覚えていて本能的に動いているという感覚が近いです。

要するに、なにも考えていません。

瞑想も、次々に浮かんでくる考えを止める要素があり、

「なにも考えないこと」を目指します。

そしてどちらも終わった後は気分爽快。

普段仕事やプライベートで悩んでばかりの人がいるなら

「瞑想しましょう!」

というのも難しいので(スピリチュアルな雰囲気もあるし)

「ちょっと激しめの運動しましょう!」

ストレス発散になりますよ。

=====

編集後記

朝は葉山で海を泳ぎ、昼からは埼玉でテニス。

運動しっぱなしの一日でした。

筋肉痛が怖い。

一日一新

葉山OWS

初めてのテニスコート

友人宅

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG