「なに目指してんの?」は愚問。

13009818_1717461481857020_1276065743_o

写真は天岩戸神社付近。

最近、大学の頃からの友人と飲む機会があり、お互いの近況報告をしました。

そこで

  • トライアスロン(今は特にスイム)
  • マラソン
  • トレイルランニング
  • 合気道
  • 古武道(最近、柳生新陰流を本とDVDで勉強中)
  • FX
  • 中医学・漢方
  • メガビタミン理論(三石巌先生の理論)

などに興味あるよ~と言ったら

「なに目指してんの?^^;」

と言われました。

最近いろいろな人から「なに目指してんの?」と聞かれることが増えてきたので、

答えをまとめておきます。

スポンサーリンク
rectanglBIG

なにも目指してません

はい。

答えは「何も目指してません」です。

ただ自然と興味が湧くことに手を出しているだけなんです。

トライアスロンは魅力的な仲間たちの魅力的な話を聞いているうちに

「なんかかっこいい!かっこ良く日焼けしてモテそう!」

と、ノリでまずレースに申し込んで、あとから必死に練習するという流れだったし。

(おかげでスイムは短期間で上達しました)。

マラソン・トレイルランニングも”タイムを競う”と言うよりは、

友人と一緒に走ることを楽しみ、自分の身体との対話、

自分の精神的な弱さと対峙することを楽しんでいるし。

合気道・古武術は「楽に力をだす心地よさ」を感じたいからだし

(無駄な筋肉を減らして、とくにふくらはぎを細くして、スタイルよくしたいとは思っているけど)。

FXはもともと投資・投機に興味があったからだし

(お金が絡むと自分の本性・メンタルの弱さがもろにでてくるので楽しいんです。ちなみに私は利小損大の典型です^^;)。

中医学やメガビタミン理論は、もともと健康ネタに興味があったからです。

小学生の頃から「ためしてガッテン」や「あるある大事典」を熱心に見ていました。

NK(ナチュラルキラー)細胞が異物を攻撃する映像を見ては、子どもながらに心ときめかせていたものです。

漢方も鍼灸師の友人から話を聞くうちに興味持ちました。

私は腎陽虚体質です。冷えがひどいので乾姜飲んでます。

ウダウダ書きましたが、とにかく、

・選手権で入賞したいと思ってトライアスロン・マラソン・トレランをはじめました

・道場を開きたいと思って合気道はじめました

・医者・鍼灸師になりたいとおもってビタミンや漢方の勉強はじめました

・冷やし中華はじめました

というような「先に目的があって、何かをはじめる」という順番ではなく

「ノリでなんとなくはじめてみたら”あれ?これ楽しい!!”」と思うようになったんです。

なにかをはじめるきっかけは人とのご縁が多いので、たのしめるキッカケをあたえてくださった皆様に感謝です。

君は川下りをする人に向かって「なにを目指しているのですか?」と聞くのか?

12986690_1717461445190357_746321509_o (1)

ということで私は友人に、

川下りをしている人にむかって「なにを(どこを)目指してるの?」と聞くのか?

と逆に問いたい。

人の取り組みを

・目的を定めて一歩一歩進む「山登り型」

・その瞬間に合わせて対応していく「川下り型」

の2つに分けるとしたら、私がいま楽しんでいるのは後者の「川下り型」の取り組みです。

「○○にたどり着きたい!」とゴールを定めて、ゴールに到着するために流れるのではなく、

まずは目の前の川に「えいやっ!」と飛び込み流されながら、

・岩にぶつかりそうになったら避けようとして

・ボートが転覆しそうになったら慌ててバランスをとって

・滝つぼに吸い寄せられたら滝行だと割りきって水流に感謝してびしょびしょになって

その過程を楽しんでます。

まとめ

なにかをはじめるときは絶対に目的がなければならないという意味を込めて

「何目指してんの?」と質問するのはやめましょう。愚問です。

もちろん、とりかかる問題によってはゴール(山頂)を目指して歩みをすすめる

「山登り型」の行動もありますが、

すべてがそうではありません。

流されて流されて、対応力を身につけて行くうちに

「こんなところに流れ着いたぜ!」

という進み方もあります。

と、ここまで書いて改めて「何目指してんの?」と聞かれたら

モテたいんす(そのために健康でスタイル保つんす)

と答えます。 うん、目指しているのはこれだな。

先日、とあるライブを見てキレッキレのダンスもモテパが高そうだという事がわかったので密かに家で練習している。

おわりっ

=====

編集後記

「自分に自信が無いから○○なんだ。自信を持たなければならない」と言いながら何も行動しない人は、

「自信が無い」ということ自体に自分のアイデンティティーを見出しているのでしょうか。

口では「自信を持たなければならない」といいつつ、

どこかで「自信が無い自分が大好きーっ」って思っているように見えたり。

自分自身振り返ると、2、3年前は激しく自己肯定感が低かったのですが、

最近はなぜかひらきなおってきました。運動・筋トレしはじめたからですね。

自信つけたいならマラソン走れ!という強引な説も、あながち間違いでないと思います。

テストステロン出そうだし。

仕事で悩み抱えたときは、仕事以外でおもいっきり身体動かしたりして、

別のアプローチとるのも一案だと思っています。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG