中国云千年の歴史を体験。吸玉療法の効果は・・・

近所の中国式整体に行ってきました。

基本的には手でグリグリとマッサージをされるのですが、

中国人の施術者から「吸い玉ヤッテミル?」と言われたので挑戦してみることに。

結果から言うと、若干の効果は感じたものの、痕がガッツリ残るのでもうやりません^^;;

(施術を受けた当日はスッキリ感があったものの、その日限りで終わった。

それに対して、お血の痕がとれるまで一週間弱かかる)。

個人個人で相性があったり、整体師さんによって違いはあるのでしょうが。。

スポンサーリンク
rectanglBIG

吸い玉とは

吸い玉療法は別名「カッピング」とも呼ばれる治療法で、

ガラスのカップの中に火を入れて、それを背中などにのせます。

真空状態となったカップの中にお肉が吸い上げられて、うっ血状態をつくり、

カップを取り外してうっ血を解放することで血流が良くなるという仕組み(らしい)。

院内に置いてあった説明書きには下記の記載が。

さまざまな大きさのガラスの便を、幹部や穴位部分に伏せ、皮膚を吸引して

人工的にお血の状態をつくることにより疾病を治療する方法である。

吸玉の効用のすべてについてはまだ確たる結論に達していないが、先人たちの見解や
近年の一連の研究によって一定程度概括的な利器を得ることができる。

近年の研究では、吸玉を吸着すると局所の毛細血管が破裂して局所にお血が生じ、
自己溶血減少によって赤血球、白血球が破裂されて大量のヘモグロミンが流出し
一種の良性の刺激作用がおこることがあきらかにされている。

お血の痕に注意

吸玉では故意にお血状態(血の流れが停滞した状態)を作り出すため

痕が残ります。取れるまで一週間程度かかるので、注意が必要です。

海に泳ぎに行くのがはばかられるレベルなので、
特に女性は注意。

その結果がコチラ↓(若干グロ画像なので注意)

IMG_3859

IMG_3862

場所によって痣の色の濃さがことなりますが、

色が濃い部分ほど血の巡りが悪いとのことらしく。

ボクのばあいは左肩甲骨あたりがもっともドス黒く変色していました。

意外です。

まとめ

吸玉療法を体験しました。

治療を受けたその日は結構体も軽くなり

効果あったのかなーと思っていたものの

持続性に疑問が残るのと、

痕が結構長い間残ってしまうのがネックです。

体質によっては合う人もいるでしょう。

ネタとして試してみてはいかがでしょうか。

=====

編集後記

ブログ停滞してましたが復活します。

一日一新
ローソンの新しい低糖パン

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG