ボクはなぜブログを書くのか

IMG_7228

フリーランスでもなく、ブログで宣伝して売れる商品を持っているわけでもないボクが

なんでブログを書くのだろうか?

と改めて考えてみた。

スポンサーリンク
rectanglBIG

書くことがストレス発散になるから

昨年12月ごろから今年1月までブログ更新をサボったのだが、

いかんせん精神的な状態が悪くなってしまった。

2月に入ってからちょこちょこブログを復活させると、どことなくスッキリする感がある。

普段から文字を書く習慣がないひとにとって、

書くってことはそれだけで気持ちいことだと気づいた。

カラオケ行って大声出したり、

運動して汗をかいたり、

トイレでもよおしたり、

文字を書いたり。。。

自分の中にあるなにかをアウトプットするってのはある種の快感で、ストレス発散になっている。

文字を書くことも然り。

書くことが自分への癒やしになっとります。

情報共有のため

自分が困ったことについて

同じ境遇の人のお役に立てればと思って書くことも多い。

特にトライアスロンについてはその意識が強い。

自分自身がレースデビューするまで、本番のイメージがまったく浮かばなかったからだ。

泳いで自転車漕いで走るという大まかな流れはわかるものの、

些細な点で、あれ???と思うことが多かった。

例えば

・ウェットスーツの下には何を着ているのか?

・トランジションバッグはどこに置いたら良いのか?

・補給食はなにを準備すればよいのか?

・レーパン(バイクパンツ)の下にはなにか履くのか?ノーパンなのか?

(ノーパンが正解らしい)

などなど。

そういった意味で、実際にレース出場した人の経験談はかなりありがたかった。

自分自身も、気づいたことをまとめて文章にしておけば、

まったく同じことを疑問に思う人が10000人に1人くらいはいるだろう。

自分と同じ道を歩むその人のことを思って、情報を残している。

トライアスロンをやろうというひとは、

トライアスリートのかたわら税理士をされていらっしゃる

井ノ上さんのブログ(http://www.ex-it-blog.com/)は必読である。

まわりの人がみんな書いているから(笑

ここ最近、セミナーやトライアスロンで知り合った友人たちのブログ書いている率が半端ない。

50%は超えている気がする。

みんなのブログを見ていて思うことは、毎日お手紙をもらっているような感覚だなぁ、ってことだ。

お硬い内容で書く人もいれば、薄くって軽くってチャラい内容を書く人もいるように、

文章(ブログ)にはその人の人となりがあらわれていて。

日々読んでいるだけで勝手に親近感を覚えるという現象が起こる。

ブログを書いている友人に久しぶりに会ったとしてもでもまったくそんな気がしない。

ということで自分も親近感を持って欲しいがために(主に異性から)ブログを書いているのだ。

自分自身の興味を知る

ブログ更新していると

・書いてて辛くてたまらないときと

・いくら書いてても疲れないぜ!書き足りないぜぇ!!うりぃぃ!

と思うときがあって面白い。

これまでの傾向から推察するに、辛いときってのは大体

・人の役に立つ内容を狙って書こうとしているとき

・PVアップを狙おうとしているとき

・かっこいい人生観を書こうとしているとき

・家電などの比較記事を書くとき

などだ。

「それなりにちゃんとかかないと」という意識が働くと書くことが辛くなり、ブログ更新が億劫になってくる。

それに対して、

・今回の投稿のようなフリーダムな内容だったり

・歯医者の顕微鏡治療すげぇ!と感動したことだったり

・ワセリン塗ると肌がツルテカになるよ!

など発見したこと・感動したことを書くときはキーボードを打つ指がさくさくすすむ。

なんとなく、生活の知恵的なネタが多いのだが、それは自分の興味がそこにあるということで良しとしている。

仕事論とか人生論とか、かっこいいことはかけないけどしょうがない。

ちなみに書けば書くほど、書くことが楽しくなってくるので、

あるていど元気が溜まったときに家電比較記事など重めのものにとりかかるようにしている。

家電比較記事、書くのは好きなんだけど、表を準備したりで疲れてしまうのだ。

「やめないこと」自体が一つの目標だったり

現在、週に一度、合気道塾に通っているのだが、

諸事情により3、4ヶ月ほど出席できないときがあった。

久しぶりに合気道に顔をだしたとき、

先生から「まじめにこなきゃダメじゃないか!」と怒られるかとビビっていたら

「半年でも一年でも空いていい。いくらブランクがあってもそこからまた始めて、続ければいいのよ」

と、ぼそっとおっしゃった。

ボクは心のなかでひっそり泣いた。

もちろん毎回出席できるにこしたことはないのだが、

10年、20年という単位で未来をみすえて、細く長く続けていければそれでOKじゃん!

という気持ちになる。

一ヶ月これなくっても、その分、復活してから一年長く続ければいいじゃないか。

ブログやるならなにか目標を持て!という人がいるが、

自分は「完全にやめてしまわないこと」ということを目標にしている。

ということで、これからもまったり更新しつづけます。

そして「なぜブログを書くのか」という問いは定期的にネタにしていきます。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG