これはプチ漫画喫茶だ 横浜Leaf献血ルームに行ってきた

3

(↑画像は横浜LeafのWEBサイトから拝借)

2015年1月22日に開所した、横浜Leaf献血ルームに行ってきました。

これまで横浜には

の2つの献血ルームがあったのですが、

そこに3つ目の献血ルームとして横浜Leaf献血ルームが加わったことになります。

横浜Leafのコンセプトは「ブックカフェ」。

若者の献血離れを危惧しているようで、献血ルームに対して持っていた病院的なイメージを払しょくするための施策でしょう

(横浜西口もオシャレにリニューアルしたようですし)。

横浜Leaf、写真からもわかるとおり、本当におしゃれな空間です。

マンガ・雑誌・書籍は900冊以上を取り揃えています。

IMG_2031

漫画本棚の2015・4・25時点でのラインナップは

  • NANA
  • ワンピース
  • ナルト
  • 弱虫ペダル
  • 北斗の拳
  • 黒子のバスケ
  • 週刊少年ジャンプ

などなど。上記以外にもあと5,6種類のコミックがありました。ジャンプコミックが多かったですね。

IMG_2030

他にも、ももくろの本やファッション雑誌が置いてあったり

IMG_2032

献血ルームらしく、血液についての本も置いてあります^^。

IMG_2029

待合室の机には、コンセントも完備。無料Wi-Fiも整備されています。

スマホやPCの充電ができて良いですね。

2

ひき立てのコーヒーも飲めるようになっています。

今回は成分献血(血漿)を実施。

成分献血は、血液中の特定の成分(血小板や血漿)だけを取り出して、赤血球などは体内に戻します。回復に時間がかかる赤血球を体内に戻すということで、血液ドナーの体にも優しいとのこと。

ただし、成分を分離して、赤血球などを戻すという工程があるため1時間程度かかります(採血後の休憩時間も含めたら1.5~2時間はかかる)。

ということで

IMG_2033

弱虫ペダルを採血ルームに持ち込んで読んでいました。

スーパーケイデンス(ペダルを漕ぐときの回転数が超高速)、今度試してみます。

今回の処遇品(プレゼント)はコチラ。

サニタリーグッズとミンティア。

次回、ミンティアを持っていくと献血後にハーゲンダッツが貰えるようです。

「どなたかに紹介してください」と渡されたので、誰かミンティア欲しい人いたら声かけてください(笑)。

IMG_2036

サニタリーグッズは、献血ドナーカード(スタンプ制度)からメールポイント制度に代わるということで、以前のスタンプカードを持っていた人が貰えるとのこと。

中身は洗剤(2回分)と柔軟剤(2回分)、洗濯ネットでした。

何かの合宿のときにでも使おうかな。

と、いうことで、比較的空いているし落ち着けるし、ドリンクもフリー、漫画も読み放題。

簡単なマンガ喫茶気分で寄ってみるのもおすすめです。

=====

編集後記

1週間前に背中を痛めてから運動していなかったのですが

今日やっと自転車(30㎞)とスイム(2㎞)の練習ができました。

自転車にしても、スイムにしても、間があくと漕ぎ方/泳ぎ方を忘れてしまいます。

一度の時間よりも、練習の頻度が大切だなぁ、と思った今日この頃。

一日一新

横浜Leaf献血ルーム

家から駅まで山越えルートを歩いた

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG