低炭水化物(糖質制限)ダイエット序盤のテクニック(間食防止)

12277188_1661192774150558_539407614_n

今年(2015年)の5月頃に糖質制限してました。

http://www.shin-tan.com/limit2

トライアスロンのレースが終わってから糖質制限を解除して、

普通に食事を取るようにしたら順調に体重増加。

5月時より3.5kgほどプラスです。

流石にこのままではまずいと思い、再度糖質制限を試みています。

糖質制限では炭水化物の摂取量を減らすのですが、

一番つらいのはやはりダイエット開始時。

最初の1週間が最も大変で、空腹でイライラしたり、夜眠れなかったり。

主食抜きのおかずだけ弁当を食べるようにしているものの、

そのあとの空腹に耐えかねて数時間後にコンビニでお菓子を買っちゃう、など本末転倒なことも。

そんな方には

「ご飯付きの弁当を買って、おかずだけを食べ、ご飯を捨てる」

という行動をおすすめします。

あえて購入したご飯に、一口も手を付けず捨てるのです。

「なんて罰当たりなことを!!!」

と思う人ほど効果があります。

「お米を捨てるなんてことしているのに、私はコンビニでお菓子を買うの???」

というマインドが強固な制約となり、ついついお菓子に手を伸ばすことがなくなります。

これを数回行えば、自然と空腹にも慣れてきて、砂糖中毒も改善され

お菓子を欲しいという気持ちがなくなっていきます(砂糖の中毒性はハンパないです)。

ここの段階まできたら、おかずだけの弁当を買うなり、作るなどして

最初からお米抜きで行動しましょう。

「お米を捨てる」って、もったいないし、作ってくれた方に申し訳ないし、激しい葛藤を産みます。

その葛藤の力を使って低炭水化物(糖質制限)ダイエットのスタートダッシュを決めるのです。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG