ノートPC使っていて目の疲れ、肩こりに悩んでいる人は外付けキーボードを!

IMG_4064

普段、ノートPC(ラップトップ)にUSBキーボードを接続して使用しています。

主な理由は、画面と目の距離が近くなりすぎるのを防止するため。

画面と目の距離が離れるだけで大分疲労がたまりにくくなります。

また、異なるPCでもユーザタフェースを一律にできるというメリットもあります。

PCによってはキーのピッチ、やストロークの深さ、キーを殴打するときの重さが異なるので

慣れるまでタイプミスが増えたりしますが、外付けキーボードを使えばこの問題から解消されます。

スポンサーリンク
rectanglBIG

ノートPCのみの場合

旅行のときなどはノートPCのみで周辺機器は持ち歩きません。

PCと電源アダプタのみで、たまにマウスを持ち歩く程度。

あまり長い時間使うことがないのでそれほど疲れません。

ノートPC+外付けキーボード

机の上で長時間作業を行う際はこのフォーメーションです。

  1. ノートPC
  2. 外付けUSBキーボード(HHKB Pro2 Type-S)
  3. 無線マウス(トラックボール M570t)

画面と目の距離を話すことができますし、

キーボードにUSBハブがついており、ここにマウスを接続しています。

IMG_4065

違うPCを使う際に、キーボードのUSBケーブル一本だけを抜き差しすれば事が済むので便利です

(あまりに頻繁に異なるPCを使い分ける場合は、切替機を使っています)。

ノートPC+外付けディスプレイ

外付けキーボードを別途準備するのではなく、

ノートPCをキーボード専用にしてしまい画面は外付けのディスプレイを使用する

という手もあります。

ノートPCの画面が小さい場合などは、作業効率の面からも非常に有効です。

もし古いPCを使っていて、外付けディスプレイを接続しようとする場合には、

PCのビデオカードが対応している解像度を調べておいた方が無難かもしれません。念のため。

まとめ

ノートPCを使っていて、目の疲れや肩こり、背中のこりに悩んでいる人は

目と画面との距離を離す、という単純な対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

個人的には絶大な効果を感じています。

=====

編集後記

最近全く泳げておらず、、

佐渡トライアスロンを乗り切れるか、不安です。

クラゲ避けクリームなど、道具の面で対策は進んでいるものの

練習という本質的な対策が足りておらず!

一日一新

新しいフレンチのレストラン

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG