【245】なんば走り その2

先日なんば走りについて書いたけど、その続報メモ。

同じ側の手と足を同時に出しながら走るのですが、

その時の足の指の力の入れ方でだいぶやりやすさが変わります。

・足の親指は力を抜いて、使わないようにする

・足の中指に気持ち力を入れるようにする

・ついた足を軸に骨盤を回すようにする。
 この骨盤の動きにつられて、足が前に出てくるイメージ。
 (足を先に動かそうとしない。腰を先に出す)

また、下り坂でこれをやると、自然に前傾姿勢で前に進む勢いがつくためやりやすく感じます。

ちなみに、手については

 ・手の親指を曲げると推進力が落ちる
 ・手の小指を曲げると推進力が増す

ことが分かったので、走る時には今は懐かしいエドはるみの様に
グーポーズをしながら走っています。

脇を占めて、体幹で走るように心がけながら。

1/25の勝田マラソン完走するために、

いかに膝に負担をかけないか

を重視してさらに研究していきます。

=====
今日の学び

脱力ランを実現するためのコツ:

 ・足の中指に力を入れるイメージ

 ・骨盤を先に動かす

 ・手の形はグーポーズ

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG