【211】自分力を育てる (2)

前の投稿の続き。

■ メジャーリーグと日本のプロ野球の練習時間

日本のプロ野球の場合、練習時間は9:00~17:00までと決められていることが多い。

一方、メジャーリーグでは練習時間が9:00~12:00となっている。たったの3時間。
しかし、トップの選手は6:00には集合し、準備運動を始める。9:00までに、個人的に必要である練習を終える。

これを見る新人選手は、憧れのトップ選手が早朝から練習する姿を見て、早く練習場に来るようになる。
そして、最終的には6:00には全員がそろっている状態になる。

一概には言えないが、
日本は「やらされ感」が生じてしまうが、メジャーではそれがない。
選手が主体的に早朝練習に参加するため、自身で考えて必要なトレーニングを集中して行う。

※ただし、メジャーでも、新人選手の最初の一か月間は軍隊式(時間も内容もみっちり縛られた)の練習を指せるらしい。
 強制的に練習に参加させることで練習を習慣づけるとともに、「一流選手の練習風景を見る機会」を与える

(メジャーを一軍とすれば、3A(二軍)、2A(三軍)、1A(四軍)とランク分けされており、
  それぞれの練習場は隣接している。つまり、1Aの選手でもメジャー選手の練習風景を見ることができる!)。

 これにより、新人選手自身が「自分に必要なものが何かに気付く」ことになる。

■ コーチングについて

米国に渡った日本人選手に「日本と米国で何が一番違うか」という質問を投げると
トレーニングメニューなどではなく「コーチングが違う」と皆口をそろえるらしい。

簡単に言えば

日本は「与えるコーチング」であり、もっとこうしなさい、という指導が多い。
まるで過保護の母親が子どもに接するかのように(苦笑)

それに対して米国は「聞き出すコーチング」である。
選手自身にその時々の目標を決め、クリアさせることを毎日繰り返す。

コーチはその目標を自然と見抜いてくれて、適切な距離感で
「今のはよくできている。それに○○をすればもっとよくなるぞ」
という表現を行う。

■ 一番大切なことは

メジャーのトップ選手に「一番大切なことは何か」と尋ねると
「強い体が最重要である」という。

強い体が無ければ、厳しいトレーニングをすることはできないし、
コンスタントに試合に出場し、成果を上げることはできない。
だからまずは体調管理を万全にしなければならない。

そして、体だけではダメで「運」をつかむことも必要でるという。
運は偶然やってくるものではなく、摑めるものなのだ。

~続きは次回、もう少し引っ張ります~

=====
今日の学び

 ・主体性を発揮させる

 ・人の話を傾聴する。話を最後まで聞け。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG