【263】辛い2時間スイム

昨日は東京体育館にて二時間スイムしました。

その内訳の8割は「低速」レーンにてクロールの練習。

前回ウェットスーツを着たときに比べて、体が沈む沈む。。

また、これまで私は、水中で息を吐く際に鼻と口の両方を使っていたのですが

前回のスイムセミナーで「息は鼻から吐け!口から吸え!」と教わったため

今日からその練習。

呼吸方法が変わるだけで、息継ぎの際に水を飲んでしまったり、

フォームが崩れて沈んでしまったりさんざんでした。

そして、何よりスピードが出ない。

一生懸命泳いでるのに、隣の平泳ぎの人の方が速かったりします。

泳ぐ速度が遅いため、自分の後ろには(低速レーンで泳いでいるのに)渋滞ができていることも。

クロールの後は、初心者プールに移動してスカーリングの練習。

スカーリングだけで50m泳げるよう頑張ります。

改めて、ウェットスーツという道具に頼らずに

綺麗に泳げるよう練習をつまないといかんということで。

---

さて、ものごとがうまくいかないときというのは

なにか大きな原因があるように思えるけども

実は小さな小さな原因が積み重なって起こるように思えます。

コミュニケーションについてもしかり。

何気ない一つの行動が、大きな問題を招くことも。

だからこそ、何気ない一つ一つを丁寧に潰していくことが必要です。

今日の学び

何気ない一つ一つを丁寧に潰す

昨日の一日一新

・東京プール二時間

ゆず味噌ソースもち

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG