【150】準備不足

今日はぎりぎりで業務の山場を乗り越えることができたため
18時ごろに退社して近所のスポーツセンターへ。

毎週木曜の19時から、バスケットボールイベントがあるのです。

2年前に右ひざ半月板を損傷して以来、少し良くなってはスポーツをして
また痛めて、を繰り返していました。

最近は膝周りの筋肉を鍛え、運動の後は必ずアイシングをすることで
運動後の痛み・疲労を緩和できています。

個人的にはバスケの速攻が大好きで、ひたすら走って、
パスを受けてレイアップシュート(スラムダンクで言うところの庶民シュート)という
プレーをやっています。

これまでのエントリーでもたびたび書いていますが、
働き始めると全力で走るという機会が中々ありません。
電車に間に合わないときに駅のホームを駆け抜けるくらいでしょうか(危険なのでやめましょう)。

今日の様に、定期的に全力で走って心拍数を上げる機会があると
いかに自分が衰えているか・逆に心肺機能が増進されているか、が顕著に分かります。

2年前は、2時間フルで走ってもどこか物足りないように感じていましたが、
今日は開始30分ほどでゼェゼェハァハァ。体力をつけるのは大変ですが、落ちるときは簡単です。

これからまた心肺機能を挙げて脳みそ活性化をはかります。

さて、話題を引きずっている、読書会メンバーでの飲み会ですが

【私の準備が不足していた】

という結論に落ち着きました。

・ゲストとして迎える人には事前に背景と聞きたい内容を伝えておく

・ちょっと堅苦しくなるかもしれないけど、簡単な進行内容を定め、
 メンバー間で予め共有して同じベクトルに向かって、みんなで掘り下げる

・場合によっては人数を絞り、ひたすら深堀することを目的にしてみる

など、様々な準備ができたにもかかわらず、
今回は中途半端になってしまいました。

変に落ち込んだりもしていましたが、
友人に相談したり、バスケで脳みそリフレッシュして前向きに行動していきます。

行動量も増やしたいから早く納期すぎてくれ!(他責)

=====
今日の学び
「運動して前向きな時に、次の行動を定める」

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG