【151】イヒ体験とでも言いましょうか

私が感じるプログラミングの醍醐味について。

ハマっている問題をエレガントに解決できたとき、
複雑な処理をシンプルに書くことができたとき、
より少ない量のリソースで、より高速に動作させることができたとき

なおかつ可読性が良い(他人が読んでもわかりやすい)コードがかけたとき。

こんな状態が、ふとした瞬間に表れて、
夜中でも急にテンションが上がるのでした。

上記の事象は、とことん考えて、問題にぶち当たって、
それでもどうにかして解決してやろうと
色々な可能性を模索しているときに降ってくることが多く、

かつ、その解決策は根本からすこしずらして考え直した時の方が
よりスマートなことが多いのです。

ということで、土日もがんばろう。

=====
今日の学び
「考えつくして、視座をずらして、また考えて、と繰り返すことでよい解法にたどり着く」

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG