エレキギター初心者がアンプにつないで練習すべき理由

IMG_6020

中学一年のときに買ってもらったギターを見てふらっと思いついたことを。。

エレキギター初心者こそ、できるだけ早いうちにアンプを購入して、

アンプに接続した状態で練習を行うべきです。

その理由を挙げます。

スポンサーリンク
rectanglBIG

本番でアンプを使うから

一言でいえばまさにこれ。

エレキギターの場合、ライブハウスや学園祭など、人前で演奏することが「本番」に相当するとして、

本番ではアンプに接続してギターを演奏します

(アンプの前に、音色を様々に変化させるエフェクターなどの機材をつなぎますが)。

自分が演奏している音が、アンプを通すとどのように聞こえるかは常に意識しておくべきです。

自分の弱点が浮き彫りにされるから

アンプを使えば音量が大きくなる分、自分の弱点も大きく聞こえます。

速弾きのフレーズを引けているつもりが、実際には一つ一つの音が不鮮明であったり、

逆に、ミュートができておらず鳴らすべきでないところで変な音が鳴ってしまっていたり。

アンプ無しだと気づきにくいような弱点をすぐに発見できるため、

早いうちに対策(フォームや弾き方の修正)ができるのです。

とくに、ミュートなどは早めに癖をつけておかないと、あとから身に着けようとすると非常に苦労します。

綺麗な音を出すことも難しいけど、(余計な)音を出さないことのほうが難しかったり。。。

と、いうことで、エレキギター初心者でアンプを持っていない人は一刻も早くアンプを買いに走りましょう。

最初の投資が数年後に大きな差となって出てくるはずです。

スポンサーリンク
rectanglBIG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
rectanglBIG